Tatt2Away:

by Thomas Barrows, M.D.

Microneedle Tattoo Removal

数年おきに、タトゥーのインクを除去するための最新の悪いアイデアについて、一般の人々を教育することが必要です。 これらの方式のいくつかは、ただ効果がなく、お金を浪費するだけですが(タトゥー除去クリーム)、いくつかは、まさに恐ろしくて破壊的で、皮膚に深刻な損傷を与える可能性があります。 昨年の秋、私はタトゥーを除去するための「マイクロニードル」の危険性について書きました(マイクロニードルによるタトゥー除去を参照)。 マイクロニードルは、タトゥー用の針を用いて、組織を破壊する物質を皮膚の真皮層に直接注入し、組織を壊死(えし)させる方法です。 レーザーはタトゥーインクを含む細胞を選択的にターゲットにすることで周辺組織へのダメージを最小限に抑えようとしますが、Tatt2Awayやその他のマイクロニードル技術はハンマーのように作用し、細胞にタトゥーインクが含まれているかどうかに関わらず、すべての組織を無差別に破壊してしまいます。 この結果、回復時間が長くなる開放創、感染のリスク、および皮膚の質感の変化や瘢痕化の非常に高いリスクがあります。

皮膚に注入された酸

Tatt2away は、「USP蒸留水、独自のL40乳酸化合物」としてその成分を示します。 乳酸、トリクロロ酢酸、グリコール酸は、過去にしばしば深刻な合併症を伴うタトゥー除去を試みるために使用されてきました。 このような治療法は瘢痕化する危険性が高く、避けるべきです。 酸を皮下に注入することによる傷害は十分に立証されており、しばしば不可逆的です(症例報告参照。 「乳酸による苛性刺青除去に続いて生じた醜い瘢痕」-刺青の合併症の診断と治療。 Curr Probl Dermatol. Basel, Karger, 2017. vol 52 pp 139-229.)。 彼らのアプローチは、皮膚に複数の傷を誘発し、それを乾燥させ、かさぶたを形成させることです。 かさぶたはやがて緩んで落ち、インクが剥がれ落ちます。 しかし、開放創は乾燥創よりも湿潤創で管理した方が治りがよく、瘢痕化のリスクも少ない。

No FDA Regulation and No Physician Oversight

Tatt2away は、全国のタトゥースタジオにこの製品を使用させるために積極的にマーケティングを行っています。 あなたの近くのタトゥーショップが間違った判断を下し、無防備な消費者にこの治療を施すのは時間の問題です。 これらの施術を行うタトゥーショップは、医学的な監督や最低限の訓練も受けずに施術を行っており、この施術の合併症を管理することはできないでしょう。 この施術を行うために医師賠償責任保険に加入している可能性は非常に低く、怪我をした場合、損害賠償を請求する手段がほとんどない可能性があります。 バイヤーは用心してください。

Leave a Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。