SUNY Downstate Health Sciences University

Raymond V. Damadian, MD

Raymond V. Damadianはニューヨークで生まれ、若いころはジュリアード音楽院でバイオリンを勉強しました。 その後、フォード財団の奨学生としてウィスコンシン大学マディソン校に入学し、1956年に数学の学位を取得して卒業しました。 1960年、ニューヨークのアルバート・アインシュタイン医科大学から医学博士号を取得した。

ダマディアン博士は、全身NMRスキャンという概念を最初に説明し、これを実現するための組織緩和の違いを発見しました。 1969年には、核磁気共鳴技術を使って、人体の外側から悪性腫瘍の初期兆候をスキャンするというアイデアを初めて提案した。 1974年には、MRIの分野で最初の特許を取得した。 その後、ローレンス・ミンコフ博士とマイケル・ゴールドスミス博士という大学院生の助手を得て、ダマディアン博士は、体の組織間の緩和の違いを利用するために考案された最初のMRスキャナー「インドミタブル」を製作しました。 1977年7月3日にラリー・ミンコフ氏の胸部を撮影し、1978年には癌患者のスキャンを開始しました。

1978年、ダマディアン博士はFONAR社(「Field focused nuclear magnetic resonance」の略)を設立しました。 1980年に世界初の商業用MRI装置を製造し、現在では全米に15のMRIスキャンセンターを持つ。 1985年、UCLAメディカルセンターのFONAR MRIスキャナーは、世界で初めてインターベンション手術が行われたMRIとなった。 同年、世界初のモバイルMRIを導入。 2007年、FONARの「アップライト・マルチポジションMRI」が、知的財産所有者協会教育財団の「ザ・インベンション・オブ・ザ・イヤー」に認定される。 また、ダマディアン博士は、植込み型ペースメーカーの初期の開発者であるウィルソン・グレートバッチと共同で、MRI対応のペースメーカーを開発しました。

ダマディアン博士は、数多くの栄誉を受けています。 1988年には、ロナルド・レーガン大統領から国家技術勲章を授与され、ポール・ラウターバー博士と共同で、「全身スキャンや画像診断など、磁気共鳴技術の医療用途への応用の考案と開発における独自の貢献」を理由に授与された。 それから1年も経たないうちに、ダマディアン博士は米国特許庁の「全米発明家殿堂」入りを果たしました。 彼のオリジナルのMRI全身スキャナーは、1980年代にスミソニアン協会に寄贈され、現在はオハイオ州の国立発明家殿堂に貸し出されて展示されています。

2001年、レメルソン-MIT賞プログラムは、ダマディアン博士を「MRIスキャナーを発明した男」として、10万ドルの生涯功労賞を授与しました。 フィラデルフィアのフランクリン研究所は、ダマディアン博士のMRIに関する業績を認め、ビジネスリーダーシップのバウアー賞を授与しました。 また、バルタン騎士団2003年度 “マン・オブ・ザ・イヤー “に選ばれました。 また、2003年には、エコノミスト誌からバイオサイエンス分野のイノベーション賞を受賞しています。

Leave a Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。