Spartacus Educational

中世の医療の多くは、ギリシャやローマで発展した考えに基づいていた。 その最たるものが四体液説である。 体には血液、痰、黄胆汁、黒胆汁の4つの体液があると主張されたのである。 血液(心臓:熱く湿った)、痰(脳:冷たく湿った)、黄胆(肝臓:熱く乾いた)、黒胆(脾臓:冷たく乾いた)です。

誰かが病気になると、体内の4つの体液が均等にバランスしないと信じられたのです。 患者は通常、体が自然なバランスを取り戻すために休息するよう勧められました。 これがうまくいかない場合、患者の食事が変えられました。 例えば、患者が寒いと感じたら、温かい食べ物を与える。

食事の変更がうまくいかず、患者がかなり裕福であれば、外科医が呼ばれる。

Artist's impression of soldiers in 1066 (1880)
Illustration from Gerrssdorf’s Field Book of Surgery (1517)

The surgeon would examine the patient and if he or she was hot than usual it was too much blood there in the body.Therapy of therapy in Japan, Therapy in Japan, Therapy in Japan…

Therapy in Japan, The patient, is not more more more. この問題を解決するために、患者の静脈をナイフで開き、血液の一部を取り除くことが行われた。

中世初期には病院もあった。 しかし、それらは主に病人を治すというより、隔離するために使われた。
中世の病気に対処する主な方法のひとつは、祈りであった。

世界人口の約3分の1を死に至らしめた黒死病は、人々の医療に対する考え方に劇的な影響を及ぼした。 瀉血、下剤による瀉下、患者の食生活の変化、薬草療法などの伝統的な治療法は、この病気に対してまったく効果がなかった。

黒死病の原因については、多くの議論が行われた。 医師たちは正しい答えを導き出すことができなかった。 しかし、何人かはその原因の特定に近づいた。 ペルシャ出身のある医師は、「地中に住むネズミや動物が人に病気をうつす」と主張した。 スウェーデンの医師は、黒死病をもたらしたのは「ノミと害虫」であると主張した。

Woodcut (c. 1480)
Woodcut of man being treated in a hospital (c. 1400)

医師は病気に関する知識を蓄積することが重要であることを認識するようになった。 学者たちは、他国の医師が書いた書物を入手し、英語に翻訳した。 これは重要なことで、かつてイギリスの医学書はラテン語で書かれていたため、読むことができる人が限られていた。 例えば、パリの大病院であるホテル・デューは、患者への対応に新しい手法を取り入れた先駆的な存在であった。 病院は病棟に分かれていた。 この病院は病棟に分かれていて、それぞれの病棟が異なった問題を扱っていた。 骨折した人はある病棟で治療し、別の病棟では感染症に対応する。

1066年の兵士たち(1880年)
木版画「子供」(1524年頃)

ホテルデューは衛生面に細心の注意を払っていた。 すべての患者に清潔なガウンが与えられ、定期的に入浴が行われた。 他の病院と同様、患者は1つのベッドに3、4人ずつ寝ていましたが、シーツは1週間ごとに交換されました。 病棟の床は清潔に保たれ、壁は石灰で洗われた。

ホテル・デューの患者治療が成功したという情報は、すぐに他の国にも広まった。

祈りが病気から守ってくれるという人々の信念は、黒死病によって損なわれてしまったのである。 ペストは神からの贈り物であり、早く楽園に入れるという主張を受け入れる者もいた。 しかし、その一方で、教会は災害の到来を警告するべきだったという意見もあった。 また、村に残って人々を助けた神父もいたが、逃げていった神父も多かったという指摘もある。 黒死病がもたらした興味深い結果の一つは、人々が遺言で教会ではなく、病院にお金を残す傾向が強まったことである。 その結果、1350年から1390年の間に、イングランドに70もの病院が建てられることになったのである

Leave a Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。