Second Look: MA FAIR Plan Continues To Lose Market Share

The second in a four-part series on the Annual Home Insurance Report

The Commissioner’s Annual Report on Home Insurance in Massachusettsを4回に分けて見ていきます。 1996年以降、DOIはM.G.L. c. 175 Sec. 4A & 4Bに従って、住宅保険報告書を作成することが義務付けられている。 しかし、マサチューセッツ州の自家用乗用車保険とは異なり、不動産所有者が住宅保険に加入することを義務付ける法律はない。 すべての図表はAnnual Home Insurance Reportの提供によるものであることにご注意ください。

先週のFirst Lookの記事で述べたように、今年の報告書は2016年から2017年の間に連邦における住宅保険の全体数が3.12%増加、すなわち60,176件の契約数を挙げている。 これは、2015年から2016年にかけて契約数が0.04%しか増加しなかったと部門が指摘した前年から顕著に増加しています。

今週は、MA FAIRプラン内のホーム保険に関するコミッショナーの調査結果についてレビューします。 過去数年の傾向を受け、MA FAIR Planの総加入者数は市場シェアを失い続けている。 MA FAIR Planは引き続き連邦、特にケープとアイランドの住宅保険の大部分を引き受けていますが、その数は2007年の水準から大幅に減少しています

FAIR Planとは何か、マサチューセッツで何をするのか?

従来の住宅所有者保険会社から補償を得られない住宅については、住宅の所有者は、マサチューセッツ州財産引受協会(通称FAIRプラン)に申請し、100万ドルまでの再調達原価の住宅所有者保険を得ることが法令で義務付けられています。

FAIR Planはケープコッドで最大の住宅所有者保険を書き続けている

一般に、FAIR Plan保険の保有比率は地域によって大きく異なっている。 2017年にFAIR Planの加入者総数が2,332件減少したにもかかわらず、現在では連邦の住宅保険料総額の約10.7%しか権利化されていない。 FAIRプランの契約の最大多数は、ケープ・アンド・アイランド(バーンスタブル郡、デュークス郡、ナンタケット郡からなる)に集中している。 この地域は依然としてFAIR Planのシェアが高いが、この地域でもFAIR Planのシェアは減少を続けており、現在では全住宅所有者契約の約40%を占めるに至っている。 前回Agency Checklistsがこの数字を確認したときから、マーケットシェアは3.3%減少している。

MAPFRE は引き続きマサチューセッツ州最大の住宅所有者保険会社として、マーケットシェア12.2%である。 FAIR Planは、Liberty Mutualの9.3%のシェアに対して、10.7%のシェアで、Liberty Mutualのすぐ前にいるに過ぎません。 残りの市場シェアが大きい順に、Safety、Chubb、Arbella、Andover、Amica、Travelers、USAA、Vermont Mutualとなっている。

部門が報告書で指摘しているように、他の多くの州と異なり、家庭用保険会社の大半は地元に根ざした保険会社であることに変わりはない。

過去10年間のFAIRプラン契約の盛衰

この10年間の回顧が示すように、過去10年間、FAIRビジネスの総額は確実に減少している。 DOIによると、FAIR Planのピークは20017年で、16.1%のシェアを誇っていた。 それ以降、合計204,101件の契約を獲得していたが、2017年現在のFAIR Planは合計183,745件となっている。

Once in, few leave the FAIR Plan

FAIR Planに一旦割り当てられた消費者がそこから離れられないことは年次ホーム保険報告書に挙げられた大きな問題の1つである。 FAIR Planを通じて契約された約199,500件の契約者のうち、2017年中に、市場内で住宅所有者保険を書く他のすべての保険会社に申込者の補償を提供する、その市場支援プランを利用した契約者はわずか11人でした。

過去10年間のマサチューセッツ州の住宅保険損害率の低さ

下のグラフは過去10年間のマサチューセッツ州の各種損害率について表したものです。 保険指標において、損害率は、損害保険会社の引受の成否を測る、業界で認められている方法である。 損害率を求めるには、発生した損失を収入保険料で割る必要がある。

再保険やその他の費用が高ければ高いほど、会社が事業を継続するために損害率を低くしなければなりません。 損害率が高いほど、会社は管理費を支払った後の全体的な損失が発生しやすくなる。

そう言うわけで、FAIR Planを含むマサチューセッツ州の住宅所有者保険会社全体の損害率に目を向けてみる。 2017年も損害率は37.2%と減少しています。 この数字は、保険対象となるすべてのタイプの住宅(一戸建て、コンドミニアム、賃貸住宅。 これは、過去10年間で最も低い損害率に相当します。 2017年に損害率が低かった理由として、大きな気象現象がなかったことがDOIによって挙げられている。

どのタイプの住宅所有者保険の損害件数が最も多かったかについては、コンドミニアム保険が41.7%で1位、次いで従来の住宅所有者保険の37.4%となる。 テナント保険は21.4%で形態別損害率が最も低かった。

2017 FAIR Plan Financial Results

2017年、MA FAIR Planは10月1日から9月30日までの暦年で、総引受利益が45,041,000ドルであった。 FAIR Planは厳密には保険会社に分類されないため、この数字はFAIR Planの「剰余金への貢献」として認定されています。 図表に示すように、FAIRプランが過去10年間に被った損失は2015年のみです。 当部門は、FAIRプランが過去3年間、保険引受損失を経験していないことに注目しています。 最後に発生したのは2011年である。

1契約あたりで計算すると、2017年の1契約あたりの引受利益は245ドルで、2016年よりも約126ドル多くなっていることになる。 しかし、10年間では、245ドルは高い方であり、2008年のFAIRプランの1契約あたりの剰余金への貢献と同程度である。 1契約あたりの損失については、2015年はFAIR Planが1契約あたり-307ドルの保険引受損失を計上した年であった。 Divisionは、会計年度の引受利益(または損失)を会計年度のオーナー、コンドミニアム、テナント保険の発行数で割って、FAIR Planの1契約あたりの利益(損失)を計算しています

FAIR Plan Home Insurance Rates Retrospective

FAIR Planが全州全体での料率引き上げを提出したのは、2013年の1年間だけでした。 2014年、コミッショナーは、FAIR Planがその料率引き上げが法定要件を満たしていることを証明する支持責任を果たしていないとして、料率引き上げを拒否した。 最後に料率引き上げが認められたのは2005年で、FAIR Planは州全体で12.42%、Barnstable、Dukes、Nantucketで25.0%の値上げを認められた。

次の図は、FAIR Plan Home Insurance Rate Changesを表すDivisionが作った10年間の回顧である。

Agency Checklists, MA Insurance News, Mass. 保険ニュース

今後数週間で住宅保険年次報告書の詳細が発表されます

来週、エージェンシーチェックリストでは、郡別の住宅保険契約数を確認し、さらに自動車保険と洪水保険がこの市場に与える影響、報告書の財務結果についての記事を掲載します

Leave a Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。