Saison DuPont

ブラッスリー・デュポンは1世紀半以上にわたって、すべての農家エールの基準となるもの、セゾン・デュポンを生産してきました。 ベルギーのワロン地方の田園地帯にある農場で生産される、実に素朴な田舎ビールで、セゾン・デュポンは誠実で職人的な醸造の伝統を守り続けています。 グラスに注ぐと、赤みがかった淡いオレンジイエローで、クリーミーな白い泡が立ち、非常に高い炭酸がそれを支えています。 香りは、クラシックなセゾンに期待されるトレードマークの「農家」イーストの特徴を感じさせ、土っぽい、刈りたての干し草のタッチやキノコのヒントがあります。 ティムは、クローブ、ナツメグ、トレクル、イチジク、シトロンが複雑に絡み合う香りと、「明るい農家酵母」のノートが気に入り、トムは、少しかび臭い、繊細でパン粉のようなモルトとかすかにスパイシーなホップのアロマに深く興味をそそられました。 土っぽさ、スパイシーさ、そして繊細なフルーティーさが溢れるこのビールは、クラシックなセゾンの特徴にぴったりです。 リックはかすかな酸味を感じたが、丸みのあるモルトとストロベリーの風味とうまくバランスがとれていると感じた。 セゾン・デュポンはこのスタイルの典型的な例であり、その人気は高まる一方である。 ブラッスリー・デュポンの他のラインアップとともに、このビールもぜひお試しいただきたい。

Leave a Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。