Rotiboyコーヒーバンのレシピ。 簡単な材料で自分だけのコーヒーバンを作ろう

Rotiboy Coffee Bun recipe

バスでコーズウェイを渡り、徒歩でJBセントラルにたどり着く旅行者にとって、Rotiboyのコーヒーバンは常に親しまれている魅力的な香りで最初に鼻に入るものでしょう。 ポケットサイズのこのパンは、見た目は普通のパンですが、香ばしいコーヒー風味の皮を噛むと、中はクセになるようなバターでコーティングされているのがわかります。

この人気のパンを家庭で再現するのは案外簡単で、必要なのは根気よく、正確に手順をこなすことである。 コーヒー風味のおいしいパンができあがります。 例によって、レシピの全文は一番下までスクロールしてご覧ください。

工程

ぬるま湯と活性ドライイーストを組み合わせて、生地をスタートさせます。 ドライイーストを使うときは、必ずぬるま湯でイーストを活性化させてください。 こうすることで、パン生地がきれいに盛り上がり、パンの骨格がしっかりします。

牛乳と砂糖を入れて混ぜ、パン粉と塩をふるいにかけます。 パン粉は基本的にふるいにかける必要はありませんが、ふるいにかけることで、パンの食感が軽くなり、空気を含んだような食感になります。 ヘラでざっくりとした生地ができるまで全体を混ぜ合わせる。 ラップか少し湿らせたタオルで覆って、15分ほど生地を休ませる。

清潔な作業台と手に小麦粉を振り、生地を表面に流し込む。

生地に室温の無塩バターを加え、バターが生地になじむまで練り始める。

生地が滑らかで弾力が出るまで捏ね続ける。 手でこねる場合は、15分程度で終了します。

手抜きの場合は、生地をキッチンマシンに放り込んで、技術に任せることも可能です。 私たちはBOSCH MUM5キッチンマシンを使っています。このキッチンマシンには、パン生地の準備に最適な3.9リットルの大きなステンレス製ボウルが付属しています。
また、このキッチンマシンには1,000ワットのパワフルなモーターが搭載されており、重い生地や大量の材料を簡単に混ぜることができます。 キッチンマシンを使うなら、10分程度が目安です。

生地ができあがったかどうかは、手に軽く小麦粉をつけ、両手で生地を軽く引っ張ります。 光が透けて見え、生地が滑らかで弾力があるように見えたら、休ませることができます。

大きめのボウルに生地を入れ、ラップでしっかり覆います。 キッチンの一番暖かいところで1時間くらい、または生地が2倍になるまで休ませます。

生地が休んで良い組織になったら、いよいよ1個ずつに分割します。

生地を12等分し、10個を同じ大きさのボール状に成形します。 残りの2個は、10個に小分けします。 すべてをラップで覆い、15分ほどおく。 生地は、グルテンが新しい構造に適応するために、もう一度休ませる必要があります。

角切りのバターを冷凍庫で凍らせ、小さく切った生地の中に包み込み、ボールを作る。 成形中にバターが生地に溶けないように凍らせることが大切です。

さて、ここからが楽しいのですが、大きめの生地のボールを平らにして、その中に小さめの生地のボールを入れていきます。 大きなボールの形になるように、もう一度すべてを丸める。 生地を休ませるときは、生地の継ぎ目が下向きになるようにします。 最後に10個のボールができる。 生地を休ませている間に、コーヒーのトッピングを準備します。 小さなボウルかカップに、お好きな銘柄のブラックインスタントコーヒーの粉を入れ、水と混ぜ合わせます。 取っておいて、置いておきます。

スタンドミキサーにバターと砂糖を入れて、全体が滑らかによく混ざるまで混ぜます。 卵黄を混ぜてから卵白を入れる。

コーヒーミックスを加え、万能粉をふるいにかけます。 ゴムベラを使って、全体が軽く、空気を含むようになるまで混ぜ合わせる。

コーヒーバターフィリングを絞り袋に移し、バンズの上部の3/4を覆うまで、コーヒーフィリングをスパイラル状にバンズ全体にパイプで塗ります。 フィリングが外側にこぼれてしまうので、バンズの底までパイプを通さない。

オーブンを180℃に予熱する。 今回使用するのは、独自の4Dホットエアテクノロジーを搭載したBOSCHのビルトインステンレスオーブン「シリーズ8」です。 これにより、トレイの高さや低さに関係なく、オーブン内の熱を均一にすることができます。

また、通常のオーブンよりはるかに早く加熱する急速加熱機能が付いています。 また、急速加熱機能を搭載しており、通常のオーブンよりも短時間で加熱することができます。

180℃に予熱したオーブンで18分焼く。 パンは必ず温かいうちに食べてください。 時間が経つと皮の歯ごたえがなくなります。 一度に食べきれない場合は、冷凍庫で保存すると2週間ほど形を保つことができます。

ロティボーイコーヒーバンのレシピ

収穫量:10個
調理時間:120分

材料。

生地
ぬるま湯110ml
アクティブドライイースト7g
牛乳100ml
砂糖40g
パン粉350g
塩6g
無塩バター20g(角切り、室温)
有塩バター50g, 5g角に切り分け、冷凍しておく
コーヒートッピング
インスタントブラックコーヒー10g
水10g
バター(柔らかめ)60g
砂糖65g
卵1個(分離)
万能粉70g

<7942>作り方:1.

  1. 生地の準備として、水とイーストを混ぜ合わせる。
  2. 牛乳と砂糖を混ぜた後、パン粉と塩をふるいにかけます。 ざっくりとした生地ができるまでしっかり混ぜます。
  3. きれいな作業台と手に小麦粉を振り、生地を流し込む。 生地に無塩バターを加え、バターが生地になじむまでよくこねます。 生地が滑らかで弾力性が出るまでこね続ける。 手ごねの場合は15分程度、キッチンマシンを使う場合は10分程度で完成します。
  4. ボウルにラップをかけ、生地が2倍に膨らむまで1時間ほどおく。
  5. 生地を12等分し、10個をボール状に成形する。 残りの2個は、10個に小分けします。 15分後、小さくした生地を平らにし、有塩バター5gをそれぞれ入れる。
  6. 大きい方の生地を平らにし、その中に小さい方の生地を入れる。 大きい方の生地を平らにし、その中に小さい方の生地を入れ、また丸めて大きなボールにする。 合計10個のボールができる。
  7. 生地を休ませている間に、コーヒートッピングの準備をする。
  8. 小さなボウルかカップに、インスタントコーヒーの粉と水を入れて混ぜ合わせる。
  9. スタンドミキサーにバターと砂糖を入れ、全体が滑らかになるまでよく混ぜる。
  10. 卵黄を混ぜてから卵白を入れる。
  11. コーヒーミックスを加え、万能粉をふるいにかけます。 ゴムベラを使って、全体が軽く、空気を含むようになるまで混ぜ合わせます。
  12. 中身を絞り袋に移し、コーヒーフィリングを渦巻き状に、バンズの上3/4を覆うようにパイピングします。
  13. 180℃に予熱したオーブンで18分焼きます。
  14. パンが温かいうちにお召し上がりください。

BOSCHのキッチン用品で作るRotiboyコーヒーパンのレシピ

パン作りは敷居が高いイメージがありますが、実はそれほど難しくないんです。 それに、パンを作るのは楽しいものです。 初めてだとなかなかうまくいかないものですが、練習を重ねれば、ふっくらとしたパンを作ることができます。

BOSCHについてもっと知ろう!

炊飯器親子丼のレシピ:炊飯器で作る簡単でおいしい日本のどんぶり

Photos taken by Maverick Chua and Isabel Lim.
This post is brought to you by BOSCH.

.

Leave a Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。