Rio Negro (Amazon)

ブラジル、マナウスでアマゾン川とRio Negroが合流する地点。

Upper courseEdit

リオ・ネグロの源流はコロンビア、グアイニア県にあり、グアイニア川と呼ばれている。 この川は、プイナワイ国立保護区を北東方向に流れ、途中、クアリヌマ、ブルハス、サンタ・ロサ、タバケンのようないくつかの小さな先住民の集落を通り過ぎます。 約400kmほど進むと、コロンビア・ガイニア県とベネズエラ・アマゾナス州の境界を形成するようになります。 コロンビアのトニナ(Tonina)とマカナル(Macanal)を過ぎると、川は南西に向きを変えます。 マロアは、川が通過する最初のベネズエラの町である。 120km下流で右岸からカシキアレ運河に合流し、オリノコ川とアマゾン川流域のユニークなつながりを形成しています。

中流域編集

南東方向に進み、ベネズエラの町サンカルロスデリオネグロ、川で最大の集落、コロンビアのサンフェリペを通過する。この区間、川には常に両側からの支流が流れ、すぐに大きくなり、アマゾン流域の川に共通の特徴である大きな川島を作っている。 コロンビアとベネズエラの国境を260kmにわたって形成した後、リオ・ネグロはピエドラ・デル・コキュイに到達します。 ここで、コロンビア、ベネズエラ、ブラジルの三国が川の真ん中に位置し、完全にブラジルのアマゾナス州に入ります。 ククイを過ぎると、川は南下を続け、数キロの間、一時的に西に向きを変えるだけである。 ミサン・ボア・ビスタでイサーナ川がネグロ川に合流し、サン・ジョアキムではネグロ川の最大の支流であるウアウペス川も右手から入ってくる。 リオ・ネグロは東に向かい、いくつかの急流と小島を形成しています。 そして、重要な商業都市であるサン・ガブリエル・ダ・カチョエイラ(Sao Gabriel da Cachoeira)を通り過ぎます。

下流部編集

マリエ川がリオ・ネグロに入った後、川は東に向かって進み、多くの大きな島を形成し、いくつかの場所で非常に幅が広くなっています。 Santa Isabel do Rio Negroのような地域社会を通過する。 雨季には、この川は遠くまで氾濫し、時には幅30km(19mi)にも及ぶ長距離の氾濫を起こす。 4月から10月までのこの時期には、長い島と入り組んだ水路にあふれたラグーンの連続となり、多くの水上野生生物が生息しています。 カルヴォエイロ付近でリオ・ネグロの最後の主要支流であるブランコ川がリオ・ネグロに合流し、この川が一時的にブラジルのロライマ州とアマゾナス州の境界を形成しています。 ブランコ川は南東に進み、再び川幅が広くなってから、コース上の最大の都市マナウスに達する。

アナビルハナス国立公園は、もともと1981年に作られた生態学的ステーションで、アナビルハナス川群島の一部を保護している。群島の下で、ソリモンエス川と合流してアマゾン川になり、「水の会合」として知られる現象が起きている。

Leave a Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。