Rather be fishing?

Reading Time: 9 minutes

スタインハッチー・フィッシングの冒険は、この魅力ある小さな町とその素晴らしい釣りチャンスを体験するのにうってつけの方法です。 この町では、一年中魚が食いつき、経験豊富な釣り人であれ、まったくの初心者であれ、きっとアクションを起こし、スリリングな体験ができることでしょう。

A coastal florida home overlooking the Gulf

200年以上も前から、この地域はその豊かな漁場として知られています。 かつてネイティブアメリカンの領土であったスタインハッチーは、現在では様々なフィッシングトーナメントやホタテの特産品で知られています。 海釣りに興味があるなら、デッドマンズ・ベイとその周辺がおすすめです。 一方、スタインハッチー川では、海水魚と淡水魚を同じように釣ることができます。

Steinhatchee Fish Species

魚の種類の多さに関しては、間違いなく選択の余地を与えてくれるでしょう。 スタインハッチー地域の海と川の水の組み合わせは、すべての人のために何かがあることを保証します。

キンメダイ

この見事な魚は、この地域の人気者の筆頭にあげられるでしょう。 獰猛な食欲で有名なカワハギは、いつも驚きを与えてくれる。 この俊敏な獣が空中で数フィートもジャンプする姿は、いつ見ても迫力がある。 夏場はエサとなる魚を捕るため、島中にたくさん生息しています。

大きなキングサバをボートに乗せる釣り人

キングサバの最高の釣り場は、水深30フィートの水中構造物の周辺である。 スタインハッチーの漁場は、ほとんどこのために作られたようなもので、このようなスポットは地元では不足することはありません。 時には、岸から釣れることもあります。 特に夏場は、浅い沿岸水域に餌が豊富にあるため、その傾向は顕著です。

Tarpon

王族というテーマを続けると、「シルバーキング」とも呼ばれるTarponにたどり着きます。 この魚は、世界で最も珍重される近海魚として、神話的な地位に近いものがある。

 釣り上げたばかりのターポンを水につけたままポーズをとるアングラー

簡単に怯えるので、釣り人が射程距離に入るのはしばしば困難である。 また、骨ばった顎を持つため、フッキングが難しい。 そして、そのアクロバティックな能力は、すべてのバトルを最後まで釘付けにするのです。

Redfish

スタインハッチーを訪れたら、いつでもこのバイターで運試しをすることができます。 一年中釣れるだけでなく、とても楽しい魚です。 一年中楽しめるだけでなく、とても楽しいです。 この近海魚には、誰もが楽しめる何かがあるのです。 そのため、”竿 “と “竿 “の間に “竿 “を挟み、”竿 “と “竿 “の間に “竿 “を挟みます。

 ボートの上でアカメを抱える若いアングラー

アカメのもう一つの大きな特徴は、多彩なテクニックで釣れるということです。 定番はライトタックルのキャスティング。 また、フラットでトローリングすることもできます。 しかし、ブルレッドフィッシュのテーリングに行きたい人には、浅瀬でのサイトキャスティングが最適です。 あるいは、単に昔ながらの方法で、フライで大きなものを手に入れることもできます。

Snappers

近海釣りの愛好家は、レッドスナッパーのトロフィーを手に入れるチャンスを逃してはいけないと言うでしょう。 この魚がいるからこそ、多くのアングラーがフロリダに足を運ぶのです。 その美しさをぜひご自身でお確かめください。 残念ながら、スナッパーは季節魚なので、釣るのは難しいです。 夏の旅行には、事前に予約をしておくと安心です。

 レッドスナッパーを抱えたサングラスと帽子の男性、背後は外海

それでもスタインハッチーでは、スナッパーに関して、より多くのオプションを提供することができます。 多くの種類のスナッパーが近くのリーフを泳いでいます。 季節を問わず、レーン、マトン、マングローブ、そしてバーミリオンスナッパーに出会えるかもしれません。 運が良ければ、すぐにこのおいしい魚の袋をいっぱいにすることができます。

Scallops

ホタテは明らかに魚ではありませんが、これを取り上げないのは罪でしょう。 周辺の海域にはこのおいしい軟体動物がたくさんいるので、スタインハッチーのシーフードシーンの誇りとなっているのも不思議ではありません。 6月中旬から9月上旬までが旬なので、夏休みに家族で採ってみてはいかがだろう。

 ホタテ漁に成功し、漁獲物を見せる様子

自分で採るのが面倒な場合は、プロのガイドを簡単に見つけることができる。 これらの助っ人の大半は釣りの船長でもあり、つまり、ホタテ釣りの旅にちょっとした釣りのスパイスを加えることができるのです。 事前にガイドさんにお願いしておけば大丈夫。 ホタテは夏の間、家族連れのアトラクションの代表格ですから。

Types of Fishing in Steinhatchee

一般的に、あなたが夢見ていた魚の種類によって、釣り方を選択することになります。 決して “一長一短 “というわけではありません。 どの方法が自分に合っているかを見極める必要があります。 基本的に、どの方法にもメリットとデメリットがあります。 以下に、人気のある選択肢をいくつか紹介しますので、検索を始める際の参考にしてください。

チャーターフィッシング

旅行のビジョンがはっきりしていて、自分のためのオーダーメイドの体験をしたいのであれば、プライベートチャーターは確実なヒット商品です。 このような場合、プライベートチャーターが最適です。 スタインハッチーの漁場の可能性は、あなたの手のひらの上にあるのです。 チャーターツアーを予約して、あなたが追い求めているトロフィーを手に入れましょう。

 水上のボートに立つチャーター船長

チャーターボートのもう一つの利点は、経験豊富な船長と一緒に行動できることです。 さらに、良いガイドと一緒なら、彼らはあなたの訪問中にどのスポットが最適であるかを知っているので、より生産的になることができます。

パーティーボート・フィッシング

社交的で釣り好きなら、パーティーボート・ツアーが気に入るはずです。 この手頃なアレンジでは、新しい出会いがあり、旅先で友達を作ることができるのです。 釣り人はさまざまな経験とスキルレベルを持つので、新しいトリックを学び、釣りのゲームを向上させることができるかもしれません。 さらに、健全な競争を愛する人々は、最大のトロフィーをキャッチしようとしている間、繁栄することでしょう。

 パーティーチャーター船の後ろにいる大勢の釣り人たち

大人数の欠点は、プロのクルーの注意が分散されることです。 そのため、釣りに不慣れな人は、釣り針に餌をつけたり、釣り針をはずしたりするのを自分でやらなければならないこともあります。 また、気ままに過ごすこともできない。 また、好き嫌いをすることもありません。誰もが釣りのチャンスを得られるように、どんな魚でもかじることになります。 大きなボートで現地まで行くこともできますし、体力があれば岸から直接出発することもできます。 どの方法を選んでも、一度海に入れば、あとは自分次第。 この釣り方なら、近海の隠れたスポットから沖の岩礁まで、どんな場所にも行くことができる。

 カヤックで並んで漕ぐ二人のアングラー

スリル満点ですが、カヤックフィッシングはアングラーの能力に大きく依存します。 スタインハッチーでのフィッシングツアーの中で、カヤックフィッシングは最も肉体的に厳しいものになる傾向があります。 魚に食いつかせるためには、それなりのスキルが必要です。 しかし、自分のスタミナも考える必要があります。 通常、人はスポットまで長い距離をパドルで漕ぎます。 そして忘れてはならないのは、大物を釣るにはエネルギーが必要だということだ。

ショアフィッシング

地元の釣りに挑戦してみたいという興味はあっても、海の波の上で一日過ごすのは気が引けるというアングラーも少なくないはずです。 問題ありません。 スタインハッチーには、たくさんの桟橋や桟橋、ドックがあります。 そこで、さまざまな潜在的なターゲットに遭遇したり、新しいハニーホールを偶然発見したりすることができるのです。

Man and a boy fishing from the shore together

この地域に初めて来た人は、期待値を調整する必要があります。 大物を釣り上げるには、おそらく何カ所か回らなければならないでしょう。 また、運が良くても記録は残せません。 このような場合、「竿を出す」「竿を出す」「竿を出す」「竿を出す」「竿を出す」「竿を出す」「竿を出す」「竿を出す」「竿を出す」「竿を出す」「竿を出す」「竿を出す」「竿を出す」「竿を出す」…………………………………………………… しかし、このことは、束の中から正しいものを選ばなければならないので、物事を複雑にしているかもしれません。 場所についての情報を入手し、長所と短所を検討する必要があります。 そんなわけで、今回は運試しに最適な場所をいくつかご紹介します。

 スタインハッチー川の豪華な釣り場
  • Steinhatchee River: この美しさは、その流れに沿って豊かなスポットを豊富に保持しています。 フラットから自然の岩礁と負荷のかかる砂州まで、この川は多くの種にとって自然の隠れ家です。 これは、スタインハッチーリバーがレッドフィッシュ、スペックルドトラウト、ハタ、コビア、サワラなどの生息地である理由です。
  • Deadman’s Bay: ここは、川と海の両方の生物が泳いでいるため、興味深い場所である。 ここでは、愛好家は標本の面白いミックスを見つけることができます。 キングサバ、コビア、アンバージャック、ブラックシーバスなど様々な魚が釣れるので、この湾の探検は冒険のようなものです。 この場所は、水深が浅いため、サイトフィッシングに最適である。 水深はほとんど5フィート以上にはならない。 ステルスが重要なので、プッシュポールやトローリングモーターを使用することをお勧めする。 魚を驚かせないようにしないと、キャスティングの正確さを練習する機会がない。 この場所はそれに最適です。
  • メキシコ湾です。 ボートを沖に出して釣りの冒険をするのが好きな人たちは、メキシコ湾が大好きです。 スタインハッチー周辺は、沖合10マイルにある人工リーフが特徴的です。 そこでは、スナッパー(レッド、フロリダ、マングローブ)、ハタ(ギャグ、レッド)、シープスヘッド、サワラ、ブルーフィッシュに遭遇するチャンスがあります。

When to come Fishing in Steinhatchee

A pair of anglers on the water before the sunrise

フロリダ州のガルフ湾が人気の釣り場の理由の一つは、365日アクションがあることでしょう。 確かに沖合や近海の魚は季節によって変わりますが、近海の魚はいつでも手に入ります。

Steinhatchee Fishing Tournaments

スタインハッチーのアクティビティといえば、それは止まりません。 この町は、いくつかの大会やイベントの会場にもなっています。 UF Salty Gators Inshore Classic Fishing Tournament、IFA Pro Redfish Tournament、Steinhatchee Community Fishing Tournamentでは、インショアの愛好家が集まります。 また、深海のトロフィーを狙うなら、テイキング・ザ・クラウン・カワハギ・トーナメントがおすすめです。

Fishing Seasons and Regulations

多くの魚がそのシーズンから外れていますが、次のことを念頭に置いておくことが重要です。 魚の成長や数は、シーズン中もシーズン外も変わることがあります。 ですから、あなたの垂涎の獲物に関するバッグとサイズの制限について知っておくことが重要です。 もちろん、法律は必ず守りましょう。

Catch and Release sign on a canal dock

There’s one more thing. 念のため、ライセンスが必要かどうか確認しておくとよいでしょう。 釣り桟橋の大半は開放されており、特別な許可は必要ありません。 同様に、ソルトウォーターチャーターもライセンス問題を自らカバーしています。 しかし、自分で釣りをする場合はフロリダ州のソルトウォーターフィッシングライセンスが必要です。 これはまた、淡水釣りの許可証が必要なので内陸のどんな場所にも当てはまります。 必要なものはこちらで簡単に確認できます。

Fishing Adventures for All

A beautiful Florida sunset over the flats

この記事の後、あなたがスタインハッチーの水を試し、アングラーのためのこの天国を楽しむ準備ができていることを願ってやみません。 そのため、このような甚大な被害が発生する可能性があります。 スタインハッチーを訪れれば、すぐに素晴らしい思い出ができ、なぜ人々が毎年この素晴らしい町に戻ってくるのかを知ることができるでしょう。

Leave a Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。