SSRIから目を離さない:視力を脅かす有害事象の可能性を回避するために | Rob Kettenburg

専門誌である英国の最近の報告では、選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)による長期治療に関連すると考えられる視神経障害の5例の概要が報告されています1 この5例は人口14万人の島で2年間に確認されたものでした。 各症例は、薬物有害反応(ADR)の可能性を示すNaranjoアルゴリズムを用いて評価されました2。Naranjoスコアは、4例でADRの可能性があり、1例でADRの可能性があるとしました。

5例すべてが虚血性視神経症(ION)の疑いによる視覚喪失で、他の考えられる根本原因についてすべて広範囲に調査されました。 全例で「非動脈炎性」虚血性疾患が疑われた。 3例は突然発症し、2例は片側性であったため、毒性は考えにくいとされました。

2例は進行性の両側視野(VF)欠損を経験しました。 2例は重度の片側性突然死(SLOV)を呈し,1例は両側性SLOVであった。 全例が比較的若く(平均49歳,範囲40~54歳),SSRI治療歴は平均7年(範囲1~14年)と長かった

全例がそれ以上の悪化なしにSSRIを中止することができた。 両側進行性LOVの患者1名は18か月間で完全に回復した。 片眼性SLOVの2例は、患眼の機能は回復しなかったが、もう片方の目は正常な視力を維持した。

1例は、突然の視標の腫れと高位視野欠損を伴う前部イオン(短い後毛細血管が関与)と診断された。 4例はposterior ION(網膜中心動脈の小枝が関与)の臨床的特徴を有しており、典型的には、当初は正常なディスク外観で、片眼または両眼に急性または進行性の無痛性LOVを呈する。

比較的若い健康な患者におけるposterior IONはまれである。 IONの全身的な危険因子には、心血管疾患、糖尿病、高血圧が含まれる。 報告された患者のうち2人は非インスリン依存性糖尿病を患っており,3人は喫煙者であった。

すべての患者は,それ以上の悪化なしにSSRIの服用を中止することができた。 両側性の患者1名は18か月後に完全に回復し,1名はSSRIを再開するまで6か月間安定した状態を維持したが,その後急速に低下し,両目で指を数える程度の視力となった

Leave a Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。