Pivot Mach 6 Carbon Mocks Rocks and Roots [Bike Review]

This bike will never look this clean again.

この春、私の夢のバイクであるPivot Mach 6 Carbonをレビューする機会を得ました。 フロント160mm、バック155mmのトラベルを持つMach 6は、27.5インチホイールで転がり、降りるのも登るのも好きなバイクです。 効率性に優れたdw-linkサスペンションを採用したMach 6は、何日もサドルに座って走るロングトラベルのトレイルバイクとしても、白熱した競技用のフルエンデューロスレイドとしても、どんな用途にも対応できる。

「美は見る者の目の中にある」と言われるが、私は、マッハ6を一目見た人の目の中にあると主張したい。 ダ・ヴィンチはモナリザを完成させた直後、余った絵の具を使って、ロング&ローのジオメトリーと短いチェーンステーで活気を保つ、理想のロングトラベルバイクのビジョンを描き出しました。

さて、ダ・ヴィンチの話が本当でなかったとしても、このバイクは美しい。 ある賢者が、最高のバイクとは、外に出て乗りたくなるようなバイクだと言っていましたが、マッハ6もなかなかどうして、その気にさせてくれます。

スペック(Mサイズ)

  • 160mm フォーク // 155mm ショック
  • 27.5cm (Mサイズ)

    スペック(Mサイズ)

      160mm フォーク // 155mm ショック
  • 27.5cm (Mサイズ)

    Specified (size M) {15″ホイール

  • ヘッドチューブ角:65.8度
  • シートチューブ角:74.75度(M)
  • チェーンステイ長:43.05cm
  • ボトムブラケット高:34.59cm
  • スタンドオーバー高:72.62cm(M)
  • ホイールベース.幅:2.5m
  • ホイールベース.幅:2.5m
  • ヘッドチューブ角:65.8度シートベース角:74.75度(M)
  • リーチ: 43.99cm (M)
  • 価格:Race XT 5,199ドルからそれ以上
  • 購入する。

    タイヤに泥を塗る。

    どのメーカーも、ダウンヒルのような走りとXCマシンのような登りができると主張するが、すべてをやろうとすると、妥協したような走りになることがあるのが現実。

    確かによく漕げます。 シートチューブの角度は74度と急で、前輪をしっかりと固定したままペダルを踏み続けることができる。 このバイクは、”Mach6 “と呼ばれるだけあって、そのペダリング性能には感心させられました。 また、このような弊順は、弊順の嶄で恷も匯違議なものです。 ピスガではできるだけ険しいところを走りますが、アッシュビルで毎日乗るのはもっとまろやかなものです。

    Getting down and dirty.

    地元のトレイルが大きなサスペンションを必要としなくても、Mach 6は決して退屈に感じません。 そのため、このような弊害が生じることはありません。 登りではしっかり固定されていたホイールも、サドルに体を預ければ、すぐに持ち上がってくるのだ。

    コンポーネント

    バイクのすべてのコンポーネントは変更可能ですが、6千ドルを落としたばかりなら、最初のライドでアップグレードのためにブラウジングすることはないでしょう。 Pivotが送ってくれたPro XT/XTRは、6,399ドルです。

    Mach 6 CarbonのFox Factory 36フォークは、FIT 4ダンパーを使用しています。これは、新しいGRIP2よりもわずかに調整しにくいですが、山の頂上まで挽くときに素早く調整できる3ポジションレバーの利便性を提供します。 また、「GRIP2」「DPX2」「DPX3」「DPX4」「DPX5」「DPX6」「DPX7」「DPX8」「DPX9」「DPX10」「DPX10」「DPX10」「DPX10」「DPX10」「DPX10」「DPX10」「DPX10」「DPX10」「DPX10」「DPX10」「DPX10」「DPX10」「DPX10」「DPX10」「DPX10」「DPX10」「DPX11」となっており、「FOX DPX2 」はリアホイール移動量を150mmとすることでスムーズな乗り心地が得られるようになっている。

    オプションのアップグレードはさておき、すべての実用的な目的のために、Pro XT/XTRビルドのカシマコーティングのサスペンションはトップクラスです。

    サスペンションテスト。

    スキッシュはこれくらいでいいとして、DT Swiss M1700ホイールは改善の余地があり、その10度のかみ合わせは、私自身のi9 Torchハブの3度の反応を切に恋しくさせるものでした。 もし余裕があれば、Pivotは1,300ドル追加でカーボンレイノルズフープとi9ハブにアップグレードすることが可能です。 確かに必須ではありませんが、私はホイールのアップグレードは絶叫するような取引だと主張します。

    ドライブトレインは、XTシフターとカセット、XTRディレイラー、レースフェイスAeffectクランクセットを組み合わせた11速シマノグループセットです。

    このXTRディレイラーは、XTドライブトレインの中心的存在です

    全体として、Pro XT/XTRは本当に堅実な部品を集めて作られています。 そのため、このような「痒いところに手が届く」ような、痒いところに手が届くような、痒いところに手が届くような、痒いところに手が届くような、痒いところに手が届くような、そんなバイクを目指します。

    ブレーキは良いが、他の部分は4ピストンストッパーが必要だ。

    サスペンションの量と質、攻撃的なジオメトリー、ポストマウントの180mmリアローター、800mm幅のハンドルバー、Maxxis Minionタイヤなど、これらの要素はすべて、スピードを真剣に求めていることを示しており、速く走れば走るほど、ごついブレーキの重要性が増すのである。 ネットで調べてみると、4ピストンのデオーレの小売価格が50ドルも上がっていることがわかります。 もし、あなたが6,399ドルも出して乗ろうと思っているのなら、100ドルの値上げで怖気づくことはないだろう。 このような、「痒いところに手が届く」ような感覚を味わうことができるのも、「痒いところに手が届く」ような感覚を味わえるからこそ。

    アダプターを必要としないポストマウント180mmリアローターについては既に述べましたが、その他の仕上げとして、ロアリンケージからゴミを取り除くための小さな布地や、フレーム内のハウジングの緩みによる煩わしいバタつきやがたつきを防ぐためのケーブルハウジングクランプがあります。

    180mmローターにはブレーキアダプターは不要。

    ごついゴム引きフレーム保護でダウンチューブを十分カバーし、Pivotはリア三角にもいくつかの保護を備えています。

    電動シフトを採用する場合、フレームにはボトムブラケット付近にDi2バッテリー用のポートがあり、追加重量を可能な限り低く抑えることができるようになっています。

    そろそろデモバイクを掃除する時期です。 また、”崖っぷち “な方にもオススメです。 サスペンションも充実しており、エンデューロイベントや公園でのサイクリングにも最適です。

    あなたが考える幸せとは、特定の分野向けに作られたバイクがたくさんあることなら、Mach 6はパスしたいかもしれません。 Firebirdは下りを速く走れるし、Mach 4 SLは競技用XCイベントで表彰台を獲得するチャンスがある。 一方、私のように1台のバイクで何でもできる余裕のある人には、マッハ6カーボンが最適です。 トレイル、オールマウンテン、エンデューロといったカテゴリーで、Pivotは勝者を送り出した。

    • フレームはBackcountry.comで購入可能
    • アルミビルドはCompetitive Cyclistで購入可能

    レビュー用にMach 6を貸してくださったPivotに感謝します。

Leave a Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。