Personal Injury Lawsuits Following an Indiana Semi-Truck Accident

According to National Highway Traffic Safety Administration, Indiana truck drivers travel over several millions of miles on the roadways every year, and over 400,000 of these vehicles are involved in crashes. インディアナ州では、その地理的条件もあり、毎年多くのトラック輸送事故が発生しています。 同州は州間の貨物配送の導管として機能しており、そのためトラックの交通量が多い。 さらに、商用車の登録料が周辺のいくつかの州よりもかなり安い。

インディアナ州のトラック事故は、大型トラックが大きな損害を与える可能性があるため、重傷または死亡に至る可能性が最も高い州のひとつである。 多くのトラックは、貨物を積んでいるとき、最大80,000ポンドまたはそれ以上の重量があります。 これらの車両の大きさにより、複数車両の事故に巻き込まれる可能性が不釣り合いに高くなります。

トラックの運転手は、車両が彼らを保護するので、これらの事故の際に無傷であることがよくあります。 たとえば、最近、インディアナポリスの男性が、セミトラックとの行き違いの事故で亡くなりました。 地元のニュースによると、この72歳の男性は、車線を間違えて運転していて、巨大なトラックに激突し、亡くなりました。 フレイトライナーの運転手は男性が近づいてくるのに気づき、衝突を避けようとしたが間に合わなかったという。 トラックの運転手とその共同運転者に怪我はなかった。

このような事故が発生すると、インディアナのトラック運送会社は、責任から身を守るために迅速な措置をとります。 大企業はしばしば、責任回避を支援するためのリーガルチームを維持します。 トラック運送会社は定期的に、事故に巻き込まれた後に取るべき即時の手順についてドライバーを訓練しています。 多くの場合、これらの措置はトラック運送会社を責任から守るために行われている。 トラック運転手は、多くの場合、事故を直ちに配車係に報告します。 これらの配車係は、その後、トラック運送会社の調査員チームを事故現場に送ります。

いくつかのケースでは、調査員は事故現場に到達し、警察当局が到着する前に調査を実施します。 この会社は証拠を集め、聞き取り調査を行い、目撃者や被害者から記録された供述を取ることがあります。

Have You Been Involved in an Indiana Trucking Accident?

If you or someone you know has suffered injuries or died in an Indiana trucking accident, you should contact the experienced injury attorneys at Parr Law. Parr Richey Frandsen Patterson Kruse LLPの弁護士は、インディアナ州および米国内の様々な裁判所や行政機関の前で熱心にそのクライアントを表すために長年の経験を持っています。 私たちは、数多くのケースでクライアントの代理を務め、クライアントに代わって補償金を回収することに成功してきました。 当事務所の弁護士は、自動車およびトラック事故、欠陥製品、医療過誤、およびその他の類似の事件に起因する損害賠償請求に対応しています。 当事務所の弁護士との相談のご予約は、317-269-2509までご連絡ください。

Leave a Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。