National Candy Corn Day – October 30, 2021

History of National Candy Corn Day

Wunderlee Candy Companyで働いていたジョージ・レニガーは1800年代にキャンディコーンを生み出しました。 フィラデルフィアを拠点としていた彼は、秋の色彩と結びついたトウモロコシの美しさを称えるために、このキャンディコーンを考案しました。 冬は寒く、暗く、長いので、キャンディの明るい色は長く続き、砂糖の爆発と同様に楽観主義と喜びをもたらします。

ハロウィンのための特別なキャンディは、時とともにさまざまなハロウィンキャンディの人気が高まり、勝利のアイデアであることが判明したのです。 Wunderleeは、ジェリーベリーとしても知られているGoelitzが、商業的なキャンディーコーンの販売に最も関連しているにもかかわらず、商業的にキャンディーコーンを販売した最初であると信じられています。

Candy Cornは鶏の餌としてその人生を始め、3月から11月にのみ利用されていたものでした。 もともとは”バタークリームキャンディ”と呼ばれる芳醇なクリームの一種だった。 1950年代に、中にバターが入っていないという虚偽の宣伝のために名称が変更された。

キャンディーコーンの本来の作り方は、それぞれの色を別々に型に流し込むものだったが、これは非常に手間のかかる作業だった。 レシピは砂糖、コーンシロップ、水でした。 その後、マシュマロやフォンダンを加えるようになり、カルナウバワックスも加えました。 現在も同じようなレシピで、トリックオアトリートのためのエネルギーをたっぷり与えてくれます

Leave a Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。