MyoporumParvifoliumの育て方と手入れ

Myoporum Parvifolium (my-OH-por-um, par-vee-FOH-lee-um) はミオポーラ科の元を吸ったスクロブラリア科またはイチジク属の広葉樹で、日本名はMyoporusです。

南オーストラリア州原産の常緑多年草で、エアー半島からニューサウスウェールズ州の南西部、東はビクトリア州まで分布しています。

blooms of the myoporum parvifoliumPin

blooms of the myoporum parvifolium

マレー川沿いやフリンダース島でも広く見られる植物です。

イチモンジソウは一般に以下のような通称で知られています:

  • Creeping myoporum
  • Creeping boobialla
  • Dwarf native myrtle
  • Small leaves myoporum

植物名と一般名を含むすべてのミヨポール植物の名前はその性質を表しています。

ミオポルムという言葉は、ギリシャ語の「myo」は閉じるという意味で、「poros」は孔を意味する2つの言葉に由来しています。

これは、この植物の葉にある透明な斑点を指します。

一方、Parvifoliumは、ラテン語の「parvus」(小さい)と「folium」(葉)という2つの単語からきており、葉の大きさを指しています。

同様に、一般名は、植物とその葉の小ささ、植物の成長様式(クリーピング)にちなんでいます。

Myoporum Parvifolium Care

Size & Growth

その名が示すように、クリーピング・ボビアラは伏せこみ、広がる低木で、直径10フィートもの広さでグランドカバーを形成することができます。

小さな、卵形の、無柄の緑色の葉が特徴で、肉厚で、艶があり、長い、尾を引く茎に交互に配列されています。

葉の先端には縁に沿っていくつかの鋸歯があり、葉の表面には小さな丸いイボ状の突起があることもあります。

ミオポルム常緑低木は、丈夫でさまざまな生育環境に適応できるため育てやすい植物です。

花は小さな茎につき、一重または小さな房状で、2~3輪咲きます。

5枚の披針形萼片と5枚の花弁があり、基部で結合して小さな筒状になっているのが特徴です。

花には4つの雄しべがあります。

開花時期は、南オーストラリアでは秋から春(10月から3月)まで続きますが、ニューサウスウェールズでは冬から夏までと、少し異なります。

開花後、小さく丸い多肉質の黄白色の実がなり、成熟すると紫色になります。

光 & 温度

Myoporum parvifoliumは日当たりの良い場所を好みますが、部分的に日陰でもよく育ちます。

ただし、冬には強くなく、摂氏23度までしか耐えられません。

USDAハードネスゾーン9から11まで耐えます。

水やり・肥料

植えたばかりの低木には週に1回、もしくは土の上部が乾いたときに水を与えます。

定着したミオポルムに必要な水分は非常に少ないので、定着したら水やりを減らす。

定着したボビアラには、夏の暑さに応じて、1~2週間に1回、たっぷりと水を与える。

秋から冬の季節はさらに水やりを減らします。

この植物は乾燥に強く、長い乾燥期間でも大丈夫です。

植え付け時に低リン、緩効性肥料を与え、その後、年に1回剪定後に与えます。

土壌& 移植

このイチモツは水はけの良い砂地で最も生育しますが、粘土やローム層の土壌でも簡単に生育します。

ただし、アルカリ性の土壌には耐えられないので、水はけがよく、pHが7以下の土壌でなければならない。

植え付ける前に土壌をテストし、アルカリ性の場合は、ピートモスを加えてpHを下げる。

手入れと維持

クリーピングミオポラムは急速に広がるので、剪定して伸びすぎないよう整頓することが必要。

剪定は晩冬から早春にかけてが適期です。

剪定後はすぐに肥料を与えるようにすると、株の回復が早くなります。

乾燥した花、傷んだ花、枯れた花を取り除くと、より多くの花を咲かせることができます。

その成長を防ぐために、ミオポルム株の周りに厚さ2インチほどのマルチングをし、毎年肥料を与えます。

Myoporum Parvifoliumの繁殖方法

Creeping boobiallaは軟材茎挿しで簡単に繁殖させます。

挿し木は、霜が降りた後の春に植え付けます。

挿し木は5フィートから6フィート間隔で行い、土が水分を保つように、根元に厚さ2インチほどのマルチング材を敷きます。

このプロストラタム種の花色は目立たないが、花期にはハチが集まるが、シカには強い。

Myoporum Parvifolium 用途

その成長習性から、矮性原種マートルはグランドカバーとして人気のある選択肢である。

葉は半多肉質なので、節水が必要な場所にも適しています。

この低木は浸食防止に役立つこともある。

また、南カリフォルニアでは観賞用植物としても成功しています。

5PinterestFacebookTwitter

5
SHARES

Leave a Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。