Lesson 10. ヒトパピローマウイルス感染症

背景

ヒトパピローマウイルス(HPV)は最も一般的な性感染症(STI)の1つである。 HPVは170種類以上分類されており、40種類以上のHPVがヒトの性器に感染する可能性がある。 性器HPVの型は、がんとの関連性の有無により2つのグループに分けられます。 低リスク型(非発癌性)の感染は、癌との関連はありませんが、性器いぼや良性または低悪性の子宮頸部細胞変化を引き起こす可能性があります。 高リスク型(発癌性)、特にHPV16型および18型の感染は、低悪性度の子宮頸部細胞変化、高悪性度の子宮頸部細胞変化(中等度から重度のパップテスト異常)および子宮頸部の癌を引き起こすことがあり、さらに、一部の高リスク型HPVは外陰部、膣、肛門、陰茎および中咽頭癌と関連している。 ほとんどのHPV感染症は、低リスク型であれ高リスク型であれ、一過性で無症状であり、臨床的な影響はない。 HPV感染はどの州でも報告義務のない感染症であるため(性器いぼは一部の州で報告義務がある)、HPV感染の発生率と有病率に関する推定は限られている。 さらに、ほとんどのHPV感染は無症状または不顕性感染であり、したがって診断されない。

発生率と有病率

性的に活発な男女のほとんどが、人生のある時点で性器HPV感染を起こすと推定されるが、これらの感染の約90%は臨床的に無症状で、ほとんどの感染は自然に治癒する。 米国ではHPVは報告義務のある疾患ではないため、発症率(HPVの新規感染者数)に関する正確な年次統計はありません。 しかし、米国疾病対策予防センター(CDC)は、米国におけるHPVの新規感染は毎年約1,410万件にのぼると推定しています。 HPVの有病率(HPVに感染している人)については、特に全米健康・栄養調査(NHANES)のデータに基づいて、より多くの情報が知られています。 米国では、14歳から59歳の女性のうち、推定7900万人がHPVを獲得しており、20歳から24歳における有病率が最も高い。 また、泌尿器系がんや性器いぼの相当数は、HPV感染に起因しています。 例えば、2009年には、新たに35,000人のHPV関連がんと355,000人の性器いぼがHPV感染に関連すると推定されています。 過去10年間、性器疣贅は一貫して外来医療施設への30万人以上の来院を占めている(図1)。 別の分析では、CDCは2008年から2012年の間にHPVに起因する年間平均30,700件の癌を推定し、これらの癌の約60%が女性を含むとした。 注目すべきは、このCDCの分析では、子宮頸がんの割合は、白人やヒスパニック系よりも黒人で高いということである。 5672>

米国において、ヒトパピローマウイルス(HPV)感染の有病率が最も高い年齢層は次のうちどれでしょうか。Check
-On
Learning
Question

米国で、ヒトパピローマウイルス(HPV)感染の有病率が最も高いのは、次の年齢層のうちどれでしょうか?

15から19
20から24
25から29
30から34

HPVワクチンの影響

高リスク型への感染率は有効なHPVワクチンの利用により劇的に減少しています。 最近の研究では、NHANES研究グループの14歳から34歳の女性を分析し、ワクチン以前の時代(2003~2006年)とワクチン時代の4年間(2009~2012年)のワクチン対象株の割合を比較した。 この研究により、14歳から19歳の女性ではワクチン標的HPVの有病率が64%減少し、20歳から24歳の女性では34%減少することが示された。25歳から29歳の女性では有意な減少は見られなかったが、この年齢層の女性のうちHPVワクチンを接種したのは14.7%に過ぎない(図2)。 これらの結果は、2006年に米国で使用されているHPVワクチンの型数が4から9に拡大されたため、やや動的である。 5672>

有効なHPVワクチンが利用可能になったことで、米国の女性におけるHPV感染症の後遺症の一部は減少しているが、すべてではない。 適格研究20件のメタ分析において,研究者らは,女性のワクチン接種率が50%以上の国では,13~19歳の女子において,ワクチン接種前と接種後の間でHPV16型及び18型感染が68%減少し,性器いぼが61%減少することを示した。 米国では、年齢や性別によって性器疣贅の有病率推移が異なる(図3)。 15歳から19歳の女性では、HPVの有病率は2003年から2007年の間は安定していたが、その後2007年から2010年の間に著しく減少した。 20歳から24歳の女性では、性器疣贅の有病率は2003年から2007年にかけて著しく増加し、2007年から2010年にかけて安定していたが、2009年から2010年にかけて減少に転じた。 25~39歳の女性(ワクチン接種の可能性が低い人)の有病率は、期間中、有意に増加した。 15歳から39歳の男性では,5歳ごとの性器疣贅有病率は2003年から2009年にかけて増加したが,2010年には増加はみられなかった. HPV ワクチンの導入後,前がん病変の割合は低下した.2007~2014 年の New Mexico HPV Pap Registry の分析では,15~19 歳の女性の子宮頸部上皮内新生物(CIN)のすべてのステージで有意な減少がみられた. センチネル・サーベイランス・プロジェクトであるCDC HPV-IMPACT Projectのデータでも、2008年から2012年にかけて、18歳から20歳の女性の子宮頸部前癌発生率が劇的に減少し、一部のサイトでは21歳から29歳の女性でも有意な減少が確認されました。 注目すべきは、この期間に検診の推奨が変更されたため、疾患の減少は、検診の減少とワクチン接種の影響の両方を反映している可能性があることです。 5672>

HPV 感染に関連する要因

性器 HPV 感染の獲得に関連する主な要因には、セックスパートナーの数の多さと教育水準の低さが含まれる。 研究者らは、経口避妊薬、多胎妊娠、タバコ喫煙、栄養(ビタミンCとE、カロテノイド、キサントフィル)、免疫抑制、単純ヘルペスウイルス2感染歴、クラミジア・トラコマティス感染など子宮頸がんと関連する潜在的な危険因子を評価している。 5672>

費用

米国では、性器いぼ、前癌および癌の治療、子宮頸癌のスクリーニングを含む性器HPV感染に関連する直接的な年間医療費は17億ドルと推定される。

Leave a Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。