Leica M7 review – a near perfect camera (at least for my personal requirements)

私がここで頻繁にライカM7について話すのは、このブログを書くにあたって当初意図した35mmコンパクトカメラというニッチの対象にあまり当てはまらないことが気になったからである。 しかし、最近Leica iiiaに遭遇し、レンズ交換式レンジファインダーをここに掲載しないのはかなり短絡的だと感じたため、いわば紙に向かってペンを走らせ、ライカM7についてもう少し深く書いてみようかと思ったのです。

私はM7について少し書き、それを手に入れた直後に、それが私にとってのある問題をいかに解決したかを書きましたが、それ以来、私はむしろそれを好きになってしまったと言ったら、控えめに言っても言い過ぎでしょう!

私はM7を手に入れた後、それをどのように使用するかについて書きました。 ライカM7に関するレビューはネット上にたくさんありますが、私は特にLuminous Landscapesのレビューが好きで、ある種の要求を持つフォトグラファーとしての私の心に響きました。 しかし、ライカM7を所有してからは、ライカM7がいかに私に適しているかがさらに明確になりました。 そして、このカメラを使ってみて、このカメラがいかに私にとって理想的なカメラであるかということを理解することができたということを、主にお話したいと思います。 でも、ライカM7も含めて、完璧なものなんてないんです。 そこで、まずはマイナス面を紹介したいと思います。 ライカM7について語るとき、部屋の中に象がいるような気がするからです。

First roll of XP2 through the M7

The one of my favorites from the very first roll I shot with the M7

The M7 and its divisible nature.ライカM7は様々な理由で意見を二分しているようです。

ライカM7には「絞り優先モード」という奇妙で異質なモードがあるため、ライカシューターの中にはライカM7を軽視する人がたくさんいます。 ライカとオスカー・バルナックについての前回の記事で述べたように、ライカは35mmコンパクトカメラを完全な機械式カメラでスタートさせたのです。 ライカは、M7が登場するまでの70~80年の間、この道を歩み続けました。 ライカは一貫して、必要最低限の機能だけを搭載したカメラで、純粋主義者を満足させてきました。 ライカ・イイアで明らかになった「完璧なデザイン」の道は、競合他社がますます低価格でより大きな技術的「進歩」を示す機器を提供しているにもかかわらず、かなりよく守られていました。 これは、高い機械的基準によって達成されたもので、価格はともかく、「純粋主義者」は、その目的に対してほぼ完璧に機能するだけでなく、その機械的にほぼ完璧な製造によって、信頼性がほぼ確実であると感じられるカメラを持つことができたのです。

Leica M7

先代モデルと多くの物理的特徴を共有しながらも、その中身は全く異なっていたのです。 ライカM7のシャッターは、それまでのライカのレンジファインダーとは異なり、電子的に作動し、タイミングを計ることができます。 このため、シャッタースピードの精度が向上し、絞り優先の場合、標準的なシャッタースピードの間でシャッターが切れることは言うまでもありません。 理論的にはより正確な露出が得られるという意見もあるかもしれませんが、センターウエイト式の初歩的なメーターで測定しているため、その差はごくわずかだと言ってよいでしょう。 また、シャッタースピードの精度を求めるのであれば、ライカのようなカメラは、派手な電子機器を必要とせずにそれを与えてくれるはずだとも言ったでしょう…

これらのかなり疑わしい利点は、多くの人にとってさらに重大な注意点と組み合わされています。 このような、「カメラといえばカメラ」「カメラといえばカメラ」「カメラといえばカメラ」「カメラといえばカメラ」「カメラといえばカメラ」「カメラといえばカメラ」となっている。 厳密には1/60と1/125で機械的に作動しますが、これはかなり限定的です。 ニコンFM3aのように、シャッターを完全にメカニカルフォールバックさせることができなかったのには、それなりの理由があるのだろうと思います。 電池が切れるとライトメーターも使えないので、どう考えても首から下げる重石になってしまう。 電池が切れると、ファインダーに「bc」(バッテリーチェック)と表示され、機能停止してしまうのです。 人は変化を好みません。そして、変化を最も嫌うのは、伝統主義者と純粋主義者という特殊なタイプです。 そしてもちろん、ライカの顧客やユーザーの中には、その歴史ゆえに、昔も今も、かなりの割合でこの人たちがいます。 ライカM7は、多くの人にとって、そうあるべきものではなかったようです。 Bellamy Hunt氏の自分に合ったライカを選ぶという投稿を読んでみてください – 素晴らしい、とても役に立つ投稿ですが、私と彼はM7については絶対に同意できません!

N.B. 未経験者のために付け加えると、ライカのM7以前の道は私が示唆したほど順調ではありませんでした。 良い例として、グーグルで「Leica M5」を検索し、読んでみてください。 私のバラ色の視点は、特にM7についてのポイントを説明するためのものです。

Heron Tower

ロンドン旅行でのお気に入りの一枚。

Day to day shooting

私の考えでは、この多くは日常的には関係ないことですが。 私は以前、カメラの絞り優先、特にこのカメラが好きだと言ったことがあります。 私はM6を所有していましたが、このブログの他の場所でも述べたように、私はVoigtlander R2Aを維持するためにそれを売却しました。 その時の理由は、主にAE機能があったからです。 M7は完全な機械式ではないかもしれませんし、予備のバッテリーのセットを手元に置いておく必要があるかもしれませんが、私にとっては、これらは、特にどこに行くにも持ち歩きたいと思うようなカメラに、ないよりあった方が快適だと感じるレベルの機能性を与える小さな犠牲なのです。 シャッターの故障についての報告書を読んだり聞いたりすると心配になりますし、もちろん修理費用の可能性についても心配になります。

しかし、これらの懸念は、有効ではありますが、カメラを所有することの全てではありません。 私が所有している他のカメラについては、同じような心配はしていませんし、その多くはバッテリーなしでさらにドアストップのようなものです。 ライカの2.5倍の値段のニコンD800(中古で購入)も、5年以上はもたないと思っています。 ライカM7に抱いているような期待とは違うのです。 しかし、多くの人にとって、ライカはそういうものではありません。 私は、このような人々にとって、ライカは故障の心配がほとんどない一生モノであるべきだと考えています。 だから、M7は彼らにとってはしっくりこないのです。 ライカのあるべき姿から、あまりにも逸脱しているのです。

幸いなことに、私は、そして他の多くの人もそうだと思いますが、ライカM7は、私にとってはまったく別のものなのです。 ライカM7は、昔のライカの伝統と理想が、現代の便利な技術に十分に合致している点を表しているのです。 ライカM7は、電池に依存しているにもかかわらず、また、私が必要とすることをほとんど行ってくれないにもかかわらず、私にとって、このカメラは、「完璧なデザイン」という感覚を包み込んでいます…まあ、ほとんどですが…

The Leica M7 and its design flaws

このカメラに対する気持ち悪い賞賛に入る前に、私はLeica M7には、デザインと機能の選択と組み合わせて私を困惑させている1つか2の特徴があると言わなければならない。

Leica M7

Crappy plastic control dial on the back

これは使いづらく、カメラの他の部分の品質や感触と完全に相反するものである。 このような場合、このような方法で撮影するのがベストだと思います。 – だから、ISOを設定するときだけ使うようにしています。 このカメラにはDXコード読み取り機能があるので、そのために使う必要はないのですが、マニアやプロ向けに設計されたカメラのDXコード読み取り機能に対する私の見解はポジティブではありませんし、それに私のDXコードリーダーは断続的に故障しているのです! そのため、くだらないマニュアルISOダイヤルに悩まされることになる。

次に、電池室のドアがあるが、これもプラスチックで、ちょっとクソだ!

Leica M7

Plastic battery door surrounded by beautifully machined metal

Thankfully I heard it hit the floor, but if it happens somewhere busy it would have been game over.If you want to have been upgraded. 今はブルータックを貼り付けて閉じていますが、いずれもっとエレガントな解決策を見つけたいと思っています。 完璧ではありませんが、少なくとも手に火がつくことはないと思います!

On to the good bits …

もしあなたが過去に一度だけこのブログにつまずいたことがあるなら、それはおそらくかなり重度の自動カメラについての記事を読むためだったと想像します。 私はあらゆる種類のカメラで写真を撮るのが好きですが、選択肢があれば、多くの場合、自動化されたものを選びますし、多くの場合、35mmコンパクトカメラを手に取ることになります。 ライカM7は、マニュアルフォーカスのため、私がいつも持ち歩いているいくつかのカメラよりも、使うのが何分の1か遅いかもしれません。 しかし、多くの点で、それらよりも明らかに制約が少ないのです。

AE, it’s good!

昨年のある時期、私は再びライカにコミットすることを決意し、前述の自動巻きカメラをたくさん持っていたため、M6を再び購入することを決めかけていました。 結局、ライカM7を購入するためにヴォイグランダーR2Aを売却することを自分に言い聞かせました。 M7には、他のレンジファインダーカメラと比較して、ネットでかなり読み込んだにもかかわらず、完全には理解できなかったことがある。 確かに、このカメラを所有して初めてわかったことであり、もっと明確であれば、おそらくこれほど長い間躊躇することはなかったと思います。

先ほど、メーターの初歩的な性質について触れましたが、かなり初歩的かもしれませんが、とても便利なものです。 このような状況下で、このような「痒いところに手が届く」ような製品であることは、非常に重要です。 私の個人的な経験では、センターウェイトメーターに近い働きをしていると思います。 シャッターブラインドの上に描かれた白い点(実際には非常に明確なエッジを持つスポット)からメーターの読み取りを行うため、これは論理的ではないように思われるかもしれません。 しかし、実際に使用してみると、カメラはスポットメーターのように読み取ることはなく、測定値は互いの間でよりスムーズに推移します。 これは、メータースポットの大きさによるものだと思いますが、周囲に反射した光もあるのでしょうか? 私は技術的に十分な知識がないので、コメントできません。

Cite Station

駅の照明を考えると、この結果にはとても満足しています。

しかし、私にとってはこれが決め手ではありません。 この大きめのスポットは、絞り優先の場合、ファインダー内のシャッタースピードの読み取りと合わせて表示されます。 M6TTLのようにマニュアルモードでは、メーターは2つの三角形と円形で表示されるだけです。 しかし、このシャッタースピードがとても便利なのです。 このように、ライカM7は何も考えずに適正露出を出すのが得意なカメラです。 しかし、決して完璧ではなく、どんなシーンでも、ライカM7を向ければ正しく撮影してくれるとは限りません。 ライカM7は、ニコンでいうところのマルチセグメント、つまり「マトリクス」メーターではないので、シーン全体を計測したり理解しようとしたりすることはありません。 マトリクスメーターが常に正しいというわけではありませんが、少なくともそうなるように設計されており、M7の場合はそうではありません。

にもかかわらず、測光が難しいシーンでは、M7のメーターは、私が最も快適に感じる方法で適正露出を評価できるものの一つだと思います。 これは、あまりに巧妙であるためではなく、実際、とてもシンプルであるためです。 ゾーンシステムやスポットメーターに熱中する人がいますが、私はそこまで熱中することはあまりありません – 以前にも私の怠惰について触れたことがあると思いますが! 私が大切にしているのは、素早く、比較的正確に、シーンの感触をつかむことです。 ライカのメーターはスポットよりも重みがあるため、シーンの周辺から素早く平均値を収集するのに便利だと思います。 これらの平均値から、私が達成しようとしていることに対して、全体的にどのような露出が最適であるかを判断することができます。 シーンを見極めてからシャッタースピードを決めるのですが、シャッタースピードダイヤルを手動で切り替えるのではなく、使いたいスピードが出る場所を探して、シャッターを半押ししてスピードを固定し、リフレームして撮影することができるのです。

M6(マニュアルではM7)では、シーンの周囲から読み取りを行うことでこれを行うことができますが、これはより遅いプロセスであり、ファインダー内にシャッター速度の読み取りがないため、読み取りを行うたびにカメラ上部を見なければなりません。 この作業を繰り返して、目的の複合測定値を得ることができるのです。 そして、その数値が決まれば、あとは撮影するだけです。 何年か前のある日、ウスター大聖堂でこの作業をしたのを覚えています。 ろうそくが半分だけ灯っているシーンで最適な露出を導き出そうとして、少し時間がかかったが、最終的にはうまくいった。

古いライカM6と50mm v3 Summicronで撮影

古いライカM6と50mm v3 Summicronで撮影

それは非常に可能ですが、それはちょうど遅いプロセスです… それはいくつかのプロセスを楽しむことができないとは言いませんが、私個人はもう少しスピードが好きです。 オート露出の良さを強調するような内容になってしまいましたが、そういうことではありません。 ライカM7の自動露出の仕組みは、AEでない同等機種よりも、より早くシーンを理解することができるということです。 もちろん、まだM6のように撮影したいのであれば、マニュアルに切り替えてブーツを履けばいいのです!

Comparing AE to AE

ただ、私がVoigtlander R2Aを所有していると言っていたこと、M7ではなくM6を手に入れようと考えていた時の話にすぐに戻ることができます。 当時はすでにAEレンジファインダーを所有していたため、同じ金額でM6とVoigtlanderが手に入り、同じ機能を持ち、2つのボディがあるのに、M7は無駄に高価なオプションだと自分自身を説得しそうになったのです。 当時はとても理にかなっていましたし、多くの点で今もそう思っています。 しかし、それはすべてM7のメーターに戻るのです。

Voigtlanderのメーターは、どちらかの角、左下に偏っていると思います。 これにはそれなりのメリットがあるのですが、多くの場面でそれほど有用とは思えません。 R2Aで露出に悩んだことがあるわけではありませんが、ライカM7がもたらしたものは、私が最も快適に撮影できる方法なのです。 ツァイスのZM Ikonについても同じことが言えると思います…ツァイスは使ったことがないのでコメントできませんが、Voigtlanderと同じ測光パターンだと思います(編集、今実際に試しているのですが、ここはちょっとおかしいですね、Ikonレビューを終えたらすべて説明します)

この点でもライカM7が有利なのはこれらのカメラだけではありません。 例えば、ニコンのマニュアルフォーカス一眼レフカメラです。 FMはM6と同じようにLEDメーターがあり、暗いところでも読み取ることができますが、M6と同じように私が話してきたような利点はありませんし、シンプルなLEDメーターはありません。 FEやFM3Aは、針式メーターのマッチングがうまくいっているので、そのような利点もありますが、光が少ないところでは、読み取ることができないのです。 F3はデジタル表示ですが、画面を照らすための小さなライトに頼っています…。 ライカM7の測定方法とAE機能は、私にとっては理想的です。 ライカM7の自動化レベルについての考察

私はオンラインでカメラについてたくさん読みますが、自動化について多くのコメントを見かけます。 特に、自動化がある程度不正行為であると見なされているところです。 私は、どのような撮影方法であっても、それを不正行為と呼んで無効にすることはありませんが、機能を単純化しすぎると、間違った人の手にかかると、怠惰になるという考えには、真実味を感じます。 ライカM7の場合、自動化のレベルは、少なくとも私の見解では、ポイント&シュートのメンタリティを奨励または支援するためにあるのではありません。 ライカM7は、適正露出を確認するための非常に有効な方法をユーザーに提供するためにあります。 これは、私が光り輝く風景写真についてmateyと完全に同意見であることを発見したところです。 完全マニュアルのカメラは、特に特定の分野では撮影の妨げになることがあります。 ライカM7は、撮影者の邪魔をしないように最善を尽くし、ユーザーを見下したり、機能の簡略化でユーザーの行動を上書きすることなく、迅速な判断と行動を可能にしてくれます」

このAE機能による恩恵もあります。

Flooded river

Another favorite from when we saw some quite serious flooding on earlier on this year.

A quick word on the Leica M7 in the hand

There is one fairly major reasons for that I place the Leica M7 on a little of the pedestal. これは確かに、M6の犬だったかもしれない(しかし、確かにそうは見えなかった)ものに基づいているだけですが、このM7は、比較すると非常に滑らかです。 M6も使い勝手がいいなと思った記憶がありますが、M7の方が私にはスムーズに感じられます。 特にフィルム繰り出しレバーは顕著で、まるでバターをナイフで削ったような感覚です シャッタースピードの選択も完璧で、実際、すべての操作系(背面のプラスチック製の醜悪なものを除いて)が完璧に感じられるのです!M7は、M6と比較して、とても使いやすいと思います。 M7に匹敵するクオリティを持つカメラは、私のコレクションでは他にライカ iiiaだけですが、それさえも機械的な機能においてこれほどスムーズには感じられません…このことはほとんど言うまでもないでしょうけど。 私にとってはカメラは道具ですが、いつから道具はその機能だけでよくなったのでしょうか? ライカの歴史について書いた記事はこれで2回目なので、もう詳細は書きませんが、そんなことを考慮しても、ライカを所有することを誇りに思わないわけがないでしょう。 カメラに誇りを持つこと、少なくともそれを口にすることを、所有者が自慢のために使っていると勘違いしている人がいるように思う。

私はこのような美しい高級カメラを所有することが好きです。 それは、ライカが高級品であることの一端を担っていると言ってもよいでしょう。 しかし、これは見せびらかすためではなく、個人的に楽しむためのものです。 レンズの値段も含めると、かなりの出費になりました。 この金額で家族を2回以上旅行に連れて行くことができたのに、私は自分勝手に自分のためにお金を使いました。 そのようなことを考慮すると、どうしてそれを尊敬し、感謝し、所有することに誇りを持てないのでしょうか。 モノとして尊重するのはもちろんですが、使っているときにも尊重する。 そのため、他のカメラではあまり経験したことのないような方法で、時間をかけてこのカメラと向き合ってきました。 35mmズミクロンを手に入れた途端、完成された感じがして、自分のベストを尽くすことを決して止めてはいけないもののように感じたのです。 このことを馬鹿にする人もいるかもしれないが、私はこのカメラを失望させたくなかったのだ! そのため、”憧れ “の “憧れ “である “憧れ “を実現するために、”憧れ “の “憧れ “を実現するために、”憧れ “の “憧れ “を実現するために、”憧れ “を実現するために、”憧れ “を実現するために、”憧れ “を実現するために、”憧れ “を実現するために、”憧れ “を実現するために………! 私はいつもこの場所の良さを感じているが、誰もいない道としてではない。 ズミクロンを使った最初の作品で、この男はちょうどいいタイミングで現れた。 この瞬間を逃すかもしれないとパニックになりながらも、何とか撮影することができました。 ライカM7は、私がよく使っている多くの全自動カメラよりも少し制限の少ないものを撮影したいが、余計な機能を追加することなく、私の要求の穴を埋めてくれるものである。 Leica 725は、私がよく使う多くのフルオートカメラよりも少し制限の少ない撮影をしたいが、余計な機能を追加したくないという私の要求に応えてくれます。 35mmズミクロンだけが必要だと自分に言い聞かせることができた日には、ストラップを胸にぶら下げて撮影に備えますが、そこにあることを感じさせないのです。 仝囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮囮々は、仝囮囮囮囮囮々は、仝囮々は、仝囮々はやだな。 もし故障したら、修理してもらうつもりです。

すべての人がそう思っているわけではありませんが、ライカM7は、先人から受け継いだ完璧なデザインだと思いますね。 確かに、設計者が何を考えているのか首をかしげるようなところもありますが、自動露出とライトメーターの機能がそれを補って余りあるものです。 メーター自体もシンプルで、余計なコンピューターが裏で判断しているわけでもなく、シンプルなメーターがシンプルな数値を示すだけです。 しかし、正しい使い方をすれば、考え抜かれた自動露出の実装と相まって、ほとんど欠点のないものとなります。 他のカメラでは味わえないような、正しい露出を選択する自信を私に与えてくれる。 ライカM7に同じ愛情を感じない人もいるかもしれませんが、私にとっては、おそらく完璧なカメラに最も近いものだと感じています!

最後に、私は写真家としての私の道において疑う余地のない重要なものを購入したと感じています。

Hamish

他の写真は私のflickrで見ることができます
Leica M7 review and thoughts – Luminous Landscapes

ここで説明した主題に関する35mmcの他の記事は、以下のタグリンクからご覧下さい。

Hamish’s M-Mount Rangefinder Reviews Leica M7 leica rangefinder rangefinder camera

サポート & Subscribe

35mmc is free to read. 広告で運営されています。

月々1ドルから35mmcの運営を支援でき、Patreonで限定コンテンツにアクセスすることができます。 また、Ko-fi:

パトロンになる!を経由してチップジャーに数ペニーを気軽にチャックしてください。

あなたのお金がどこに行くかはこちら。
35mmcに書きたいですか?

どのようにするかはこちらでご確認ください。

Leave a Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。