iPhoneで4K動画を撮影する

Q. iPhoneで4K動画を撮影するにはどうしたらよいですか?

A. Appleは2015年にiPhone 6sとiPhone 6s Plusモデルのリリースでモバイルデバイスでの4Kビデオの正式サポートを導入しましたので、まず超高精細フォーマットを扱えるハードウェアを使用しているかどうか確認してください。 4Kビデオのオプションは通常デフォルトでオフになっているので、お使いのiPhoneモデルが4Kに対応していることを確認したら、ホーム画面で「設定」アプリを開きます。

メイン「設定」画面で、下にスクロールし、「カメラ」を選択します。 カメラの設定画面で、「ビデオを録画」をタップします。

次の画面では、ビデオの録画に使用できるすべての解像度とフレーム/秒のレートが表示されます。 フレームレートが高いほど、シーンの動きをより多くとらえ、動作が滑らかに見えます。 24fpsは映画館で使用されるフィルム記録の標準的なもので、30fpsや60fpsは高解像度のビデオフォーマットでよく使用されます。 昨年発売されたiPhoneの最新モデル(iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone X)は、60fpsで4K動画を撮影することができます<2015年版>。

Leave a Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。