Home

RIDGEFIELD — その晩年、アドルフ・ヒトラーは手–特に左手の震えを顕著に感じていたという。 軍事的な決断において、彼は盲目的に柔軟性を失い、現場の現実的な状況に基づいて決断することができなくなっていたのです。 ヒトラーはパーキンソン病だったのでしょうか。 そして、もし彼がそうだとしたら、その病気は第二次世界大戦の終結に一役買ったのでしょうか。

ダンベリー病院の取締役副社長ジョン・マーフィー博士は、写真と目撃者の証言を調べました。

そして、彼は結論に達しました–そう、ヒトラーはこの病気にかかり、そして、そう、それは歴史に一役買ったのです。

マーフィーによると、パーキンソン病研究の巨人の一人であるエイブラハム・リーバーマン博士が、マーフィーが彼と働いていたときに、最初にこの問題を提起した人物だったそうです。 とマーフィーは言った。 「私は彼に、ナショナル・エンクワイアラー誌を読んでいるのかと尋ねました。 と尋ねると、彼は「何? そして、リーバーマンとマーフィーは賭けをしたのです。 マーフィーは、リーバーマンが正しいかどうか、証拠を研究することにした。 「彼は私を納得させた。 ヒトラーがパーキンソン病でないことを確認するために調べれば調べるほど、彼がパーキンソン病であることを知ったのです」

Murphy は、パーキンソン病の症状のいくつか–神経系の進行性、変性疾患–は認識しやすいと言いました。 そのため、このような「痒いところに手が届く」ような、「痒いところに手が届く」ような、「痒いところに手が届く」ような、「痒いところに手が届く」ような、「痒いところに手が届く」ような、「痒いところに手が届く」ような、「痒いところに手が届く」ような、「痒いところに手が届く」ような、「痒いところに手が届く」ような、「痒いところに手が届く」的な、「痒いところに手が届く」的な、「痒いところに手が届く」的な、「痒いところに手が届く」的な、「痒いところに手が届く」ような、痒みがない。

パーキンソン病を患う人は、想像力や自発性の欠如、決断の困難、全般的な無気力といった認知障害に悩まされることもあります。

そしてマーフィーによると、この説明は晩年のヒトラーにぴったりです。 開戦当初は、彼は将軍たちに軍事的な賭けをさせることも厭わなかった。 しかし、戦争が進むにつれ、ヒトラーは別人のようになっていった。

ニュース映画の映像によると、1940年までにヒトラーはひどく震えている左手を決して使わなくなった。 そのかわり、左手を横にぶら下げたままにしたり、親指をベルトにひっかけたりしていた。 しかし、ほんの少しですが、ヒトラーが軍隊に話しかけ、震えを隠すのを忘れている映像があります。

「これはパーキンソン病の震えだ」と、マーフィーは創立記念館の講演に参加した人たちに映像を見せて言いました。 私はそれを何度も見てきました」

ヒトラーの側近は回顧録の中で、戦争末期には彼がゆっくりと歩いていたと書いている。 声は囁くように小さくなり、両手は震えていた。 彼は前かがみになって、しゃがんでいた。 ヒトラーの左手は震え、前かがみで硬直した姿勢だった」と、ヒトラーの将軍の一人であるハインツ・グダリアン元帥は書いている。 情報将校のグスタフ・ボルドも、ヒトラーの震えと歩き方について書いている。 ある親衛隊士官は、1945年のヒトラーは「老人になり、その声はささやくようだった」と書いています。

マーフィーはまた、筆跡鑑定から、戦争が進むにつれてヒトラーの筆跡が小さく窮屈になっていったことがわかると述べています–これもパーキンソン病患者の症状の1つです。

戦争末期には、ヒトラーは兵士の足手まといになっており、たとえ劣勢で包囲されていても、常に前進して陣地を維持するように命じていたとマーフィーは付け加えています。

「彼は頑固に、どんな犠牲を払ってでも陣地を保持することを主張した」とマーフィーは言う。

ヒトラーのパーキンソン病の根本原因は、フォン・エコノ脳炎として知られる状態、つまり重度の感染症の後に起こりうる脳の腫れだったかもしれないと、マーフィーは言った。

その感染症とは、5000万人が死亡した1918年のインフルエンザの大流行だったかもしれません。

マーフィーは、フォン・エコノ脳炎に起因する人格変化のいくつかには、強迫観念や強迫、善と悪を見分けることのできない一種の「道徳的無能」などがあると述べた。 また、パーキンソン病との関連も指摘されています。

「ヒトラーという病気が、我々の時代の最も犯罪的な精神を生み出し、そしてそれを打ち破ったのだ」

連絡先:ロバート・ミラー

at [email protected]

Leave a Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。