gung wang

ブルモフ博士はイリノイ州スコーキーで生まれ育ちました。 その後、イリノイ大学シカゴ校に通い、1996年に学部課程を修了し、生物科学の理学士号を取得しました。 その後、シカゴのロザリンド・フランクリン大学のScholl College of Podiatric Medicineに入学し、1998年に生物医学の理学士号を、2001年に足病医学の博士号を取得しました。 ブルモフ博士の研修医は、カークサイド・オステオパシー医科大学と提携しているミシガン州のセント・ジョン・デトロイト・リバービュー・メディカルセンターで終了しました。 翌年には、カリフォルニア州ロングビーチで2年間の外科フェローシップを受け、卒後研修を続けました。 ブルモフ博士の専門は、糖尿病性創傷治療、足病学、神経障害、四肢救済、足の美容整形、スポーツ医学などです。 このように、糖尿病患者がより正常な生活を取り戻し、維持できるよう支援することに情熱を注いでいるのは、母親と祖父が糖尿病という現実と向き合う姿を見てきた経験があるからだと考えています。 ブルモフ博士はしばしば、「糖尿病は病気ではない、ライフスタイルの変化だ」と患者に語ることで知られています。 ブルモフ博士は、じねんかん武術の黒帯(正段)1段を取得しています(現在は引退しています!)

Leave a Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。