Crispin

英国で長年人気のある品種です。意外かもしれませんが、実は日本の品種であり、1960年代に英国向けに「ムスト」と名付けられ「クリスピン」と改名されました。 このりんごは3倍体なので、矮化種にするととても良い庭木になり、密で歯ごたえのある硬い青りんごが好きな人には理想的です。
クリスピンアップルの木 – 時期:
10月中旬から下旬まで木にぶら下げたままにしておきます。
クリスピンアップル – 外観:
大きなリンゴで、しばしば非常に大きく、均一な淡い緑色で、貯蔵中にわずかに黄色いフラッシュを形成します。
Crispin apple trees – flavour:
果肉はとてもクリスピーで硬く、密度が高く、果汁も豊富です。
ジューシーでクリーン、そして爽やかな味わいです。 アメリカではパイに使われ、調理しても形が崩れず、軽く甘い風味がある。
栽培&生育
旺盛で広がり、非常に多収。 M9やM27のストックに最適で、仕立て木としてもよく育つ。
クリスピン – 受粉。 クリスピン – 受粉:この品種は3倍体なので、完全な作付け能力を得るには他の2品種との混植が理想的である。 受粉相手の選択肢は広い。
コックス・オレンジ・ピピン
ブレイバーン
バウンティフル
アルクメン
カーライル・コドリン
コート・オブ・ウィック
アントノフカ
クリスピンの樹の大きさ:
M27はミニチュアで、小さな庭やパティオの鉢植えなどに最適です。 M9は矮性種に分類され、交配に適した品種です。 M9は矮性種に分類され、交配に適した品種です。 M9は多収で、果実も大きくなるが、恒久的なステーキングと良い土壌が必要である。 痩せた土地でもよく育つ。
MM106は樹勢が強く、より大きな「果樹園サイズ」の木が必要な場合に最適である。 同じ広さで4m以上になり、ほとんどの土壌に適している。

Leave a Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。