Clover Stornetta Farms Rebrands as Clover Sonoma

Santa Rosa, Calif.州。 (2017年3月29日) – Clo the Cowをフィーチャーした101の上下のビルボードで知られるClover Stornetta Farmsは、Clover Sonomaとしてリブランドしました。

3月初旬に発表された、リフレッシュしたClover Sonomaという名前は、南カリフォルニアとそれ以外へのCloverの製品流通拡大を見据えながら、ソノマ郡出身の会社の伝統を尊重するものと同社は確信しています。

名前の変更に加えて、クローバー・ソノマは、従来の製品では80年代から変わっていなかったパッケージのデザインも一新しました。 Bコーポレーションのメンバーであることは、同社が「ビジネスを良いことをするための力」として活用していることを意味します。

「100年以上にわたって、私たちのブランドは、ソノマ郡とマリン郡の家族経営の酪農家と密接に協力して、市場で最高のミルクを生産してきました。 「また、Certified B Corporation®としての新しいステータスは、家族経営の農場、動物、環境、コミュニティを大切にする高品質の乳製品を生産するという当社の使命を継続します」

最近の変化に加え、同社は昨年9月、従来の牛乳も含め、すべての牛乳をGMOフリーにし始めると発表しました。 今後2年間で、同社の牛乳製品は、Non-GMO Project Verified(非遺伝子組み換え回避のための世界最高水準の第三者検査による信頼の証)となります。 最初の従来のNon-GMOハーフガロン製品が3月8日に発売され、2019年までにフルラインの流動性乳製品が移行されます。

Marcus Benedetti、Clover Sonomaの社長兼最高経営責任者。 Photo Courtesy of Clover Sonoma.

クローバー・ソノマは3代目の家族経営企業で、独立性と家族経営の継続を誓っている。 これは、大企業が自然食品やオーガニック食品業界の小さなブランドを買収することへの対応だといいます。

昨年、Clover Sonomaはソノマ郡で牛乳を流通させてから100年を迎えました。 ペタルマ協同組合クリーマリーは、1916年にペタルマの店舗や家庭向けにクローバーブランドの乳製品の流通を開始しました。 1975年にクリーマリーの瓶詰めと加工業務が破壊されたとき、協同組合は再建しないことを決定しました。 1977年にクローバーのオーナーが生協から卸売販売事業を買い取りました。

1991年にクローバー・ソノマはペタルマに最先端の牛乳加工施設を開設し、品質と動物福祉に取り組んでいます。

その後、クローバー・ソノマは、持続可能な農業と牛の人道的扱いを促進する高い基準を持つ「クローバー・プロミス・オブ・エクセレンス」プログラムに参加するようになりました。 1999年に認定オーガニックミルクの生産を開始し、2000年には米国動物愛護協会の認定を受けた米国初の酪農家となりました。

Clover Sonomaは、ソノマ郡とマリン郡の29の家族経営の酪農家とサンホアキン・バレーの二つの酪農家からミルクを供給されています。

Cloversonoma.com で詳細な情報をご確認ください。

Leave a Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。