Child & Adolescent Psychiatry

Programs

Specialized Outpatient Services

子供や青年は可能なら外来で治療を受けています。 外来通院の頻度と期間は、個人ごとに決定されます。 このアプローチにより、子供の日常生活への支障を最小限に抑え、学校や家族、その他の活動を継続させることができます。

小児精神薬理コンサルテーション

このプログラムは、児童思春期精神科医が担当します。 以下のような小児疾患の相談・治療を行っています。

  • 注意欠陥多動性障害
  • トゥレット症候群
  • 強迫性障害
      小児精神科医による小児精神科診療。強迫性障害
  • うつ病
  • 自閉症
  • 躁うつ病
  • 精神病

Specialized pediatric Inpatient Services

重度の心理的問題を持つ子どもは入院を必要とする場合があります。 入院治療には、精神科、内科、家族、教育などの総合的な評価、危機の安定化、包括的なアフターケアプランの策定が含まれます。 両親やその他の家族は、診断と治療のプロセスに不可欠な存在である。

Gender Understanding, IDentity and Expression (GUIDE)

Gender Understanding, IDentity and Expression (GUIDE) Programは、性別に疑問を持っている、性別に適合しない、性別が流動的、またはトランスジェンダーである、あるいは性別に関する他の問題に苦しんでいる若者(小児から青年期)に対して、評価と幅広い支援と介入を行っています。 時には、性別のアイデンティティや、どのように性別を表現したいのかを理解しようとしている場合もあれば、生まれた時に割り当てられた性別が、まったくしっくりこないと感じている場合もあります。 私たちのチームは、それぞれのお子さんとご家族に合った道を見つけることを目標に活動しています

Leave a Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。