親指形成不全と形成不全(小さい親指、ない親指)

親指形成不全とは何でしょうか。 親指形成不全とは何ですか?

親指低形成は、親指低形成とも呼ばれ、子どもの親指が通常より小さい状態です。 拇指形成不全は、拇指が完全に欠損している状態です。 拇指低形成または無形成は、橈骨縦隔欠損症の子供によく起こります。 これらの症状は遺伝的なもので、体内の他の臓器系にも関わる症状の可能性があります。

親指の低形成と親指の形成不全はどのように診断されますか?

担当医は通常、新生児の最初の診察で親指低形成または親指形成不全に気付きます。 医師は、拇指形成不全または拇指無形成症を疑った場合、これらの状態に関連する可能性のある他の違いを探します。 X線検査は、医師が赤ちゃんの親指の構造についてより詳しく知るのにも役立ちます。

親指の低形成と親指の形成不全はどのように治療されますか? 私たちは、それぞれの患者さんやご家族と協力して、すべての選択肢について話し合い、患者さんそれぞれのニーズに合った最善の方法を特定します。 親指が通常より小さくても、正常に機能する場合もあり、その場合は手術の必要はありません。 親指が弱かったり、うまく動かせない場合は、作業療法に加えて、親指の再建手術が推奨されます。

親指の低形成が非常にひどい場合や親指がない場合(親指形成不全)、人差し指多指症手術が推奨される場合があります。 この手術では、他の指を親指の位置に移動させることにより、機能的な親指が作られます。 どのような手術でも、成功させるためには作業療法が不可欠です。

Leave a Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。