腎臓がん 危険因子を知る

3月は腎臓がん啓発月間として認識されています。国立がん研究所によると、この病気は男女ともに最も多いがんのトップ10に入るものだそうです。

腎臓癌の要因としては、

  • 職業病
  • 肥満
  • 喫煙

さらに、特定の要因-拡張期血圧や空腹時インシュリンなど-が腎臓癌に多いタイプ、腎細胞癌(RCC)と関連することが判明しているのだそうです。 Spectrum Healthで行われた最近の研究によると、肥満に関連する特定の危険因子は、腎臓RCCを発症する可能性を高める可能性があるとのことです。 米国がん研究所が示したその他の原因因子には、特定の薬剤、腎臓病、高血圧などがあります。

幸い、腎臓がんの治療には常に新薬が登場し、腎細胞がんの患者さんは、免疫療法など、これまで以上に治療の選択肢を持つことができるようになりました。

さらに、有酸素運動と筋力トレーニングの両方を含む複合運動ガイドラインを満たすことは、腎臓がんサバイバーの生活の質を改善します。しかし、Psycho-Oncologyに掲載された研究結果によれば、そのようなガイドラインに従っていると答えた人はほとんどいませんでした。

腎臓がんやがん全般についての最新情報は、CUREのeニュースレターに登録してください。

Leave a Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。