聖書解説

1-29節

詩篇118:1。 主はいつくしみ深いから、主に感謝せよ」

ここに感謝の理由が立っている。 わたしたちはいつも健康であるとは限らないし,いつも繁栄しているとも限らないが,神はいつも良い方であり,したがって,エホバに感謝するための十分な論拠がいつもあるのである。 神は本質的に善い神であり,それ以外のものではありえないということは,最も豊かな賛美が永遠に流れ出る泉となるべきである」

詩篇 118:2-3. イスラエルに今、その慈しみはとこしえに続くと言わせよ。

これらは神の奉仕のために特別に定められたものであり、したがって、多くのものが与えられるところでは、多くのものが期待されるのである。 したがって、アロンの家は特別な感謝の念を持たなければならない。福音を宣べ伝える私たちは神権を主張しないが、もし感謝の念を持つべき者がいるならば、それは絶えず神のために奉仕する者であるべきだ。

今、主を畏れる者に、その慈しみはとこしえに続くと言わせなさい。 主は私に答えられ、広い所に置かれた。

私たちの多くは、このような記録を作ることができると思います。 私たちは多くの試練を受けましたが、私たちにはいつでも飛んでいける慈悲の座があり、悩める者の叫びをいつでも聞いてくださる神がおられるのです。 主は私の味方、私は恐れない、人は私に何をすることができるか」

過去は常に未来に確信を与えてくれる、私たちは同じ不変の神を相手にしているので、その神から同じ対処を受けると期待できる。 主はわたしを助ける者とともにわたしの役を果たし、わたしを憎む者の上にわたしの望みを見いだす。 主に信頼することは、人に信頼するよりも良い。

私がどこにも貼られたことがない文章がある。 あなた方の家や学校の教室などには照明付きのテキストがありますが、私はこれを見たことがないと思います。「人に信頼し、肉をその腕とする者は呪われる」、あるいはもう一つのテキスト、「あなた方、息が鼻孔にある者をやめなさい、どこで評価されるのですか」、これが偉い人のことでも小さい人のことでも、高位の人のことでも自分の家族の輪の中でも、聖書の教えでこれより必要なものはないでしょう。 「主に信頼することは、人に信頼するよりも良い」

詩篇 118:9 主に信頼することは、君主に信頼するよりも良い。

それはより高貴で、より健全な理性に適い、より良い結果をもたらす。 神は地上の君主たちよりも、たとえ最高の者であっても、私たちの信頼に値する。 しかし、主の名によって、私は彼らを滅ぼそう」

これはダビデに当てはまるかもしれないが、それはキリストによりよく当てはまり、ユダヤ人と異邦人がその周りに来たが、彼は彼らに勝利を収めた。 彼らはわたしを取り囲んだ。しかし、主の名によって、わたしは彼らを滅ぼす。 彼らは蜂のように私を囲み、茨の火のように消し去られる。

茨は良い炎を上げ、パチパチと音を立て、吐き出すが、すぐに完全に消えてしまうのだ。 “主の名において彼らを滅ぼす” このように,わたしたちは霊的な敵,誘惑,試練,世,罪,死,地獄に直面しても,エホバの御名がわたしたちの力となるのである。 「In hoc signo vincit」と昔の人は言った-「このしるしによってあなたは征服する」,このしるしによってわたしたちも小羊の血によって征服する。 しかし、主は私を助けられた」

詩篇118:14-15.あなたは私を激しく突き刺し、私が倒れるようにされた。 主は私の力であり、歌であり、私の救いとなられる。 喜びと救いの声は正しい者の幕屋にあり、主の右の手は尊く行う」

神の民の住む所には喜びの声がある。 彼らの家族の祈りは、その喜びの音で家を聖別する。 その時、家に悩みや悲しみがあっても、諦めがそこに喜びと歓びを作り出し、たとえ一瞬の歓びが去っても、救いは決して去ることはないのである。 “今日 あなたの家に救いが来た” もしあなたが今改心したなら、それは二度と消えることはない。 それは留まるべきものであり、正しい者の幕屋にある。

詩篇 118:16-17. 主の右の手は高められる:主の右の手は勇ましく行われる。 私は死なず、生きて、主の業を告げ知らせる」

この詩篇はヒゼキヤが病気の後、セナケリブの軍勢が滅んだ後に作ったと考える人がいます。 そうであろう。 この詩はヒゼキヤの他にも多くの人が使っており、これはウィクリフの言葉であることを忘れてはいない。ウィクリフは、修道士たちが祈りとパテルノスターと十字架を持って瀕死の床に回り、彼に後悔するように促したが、彼は「私は死なない、生きて主の業を宣言する」と言ったのである。 そして実際、彼はそうした。

詩篇118:18。 主はわたしをひどく懲らしめられたが、わたしを死に渡されなかった」

多くの最良の子供たちは、これを言うことができる。 “主は私を厳しく懲らしめられたが””死に至らせはしなかった” 病から回復したあなたへ、この歌を捧げます。 あなたの罪とその罰に屈しなかったあなたのための歌です。 私に義の門を開いてください。 私はその中に入り、主をほめたたえます。この主の門は、正しい者が入ることができます」

この言葉を発した人は、神殿の美しい門をくぐったのだろう。

未来、過去、現在、すべて祝福に満ちている。

詩篇118:22-24. 建てる人が拒んだ石は、隅のかしら石となった。 これは主がなさったことであり、私たちの目には驚くべきことである。 これは主が造られた日である。私たちはこれを喜び、喜ぶ」

これは安息日に当てはまるが、どの日にも、また神が特に多くの人を救って輝かせるすべての日にも当てはまる。 主よ、今、救ってください。主よ、今、繁栄を送ってください。 主の名によって来る者は幸いである。私たちは主の家からあなたがたを祝福した。 神は主、我らを照らしたまえ。祭壇の角に至るまで、紐で犠牲を縛れ」

勝利から戻り、病気から回復した王であった。 彼は神の子が皆そうであるように、感謝をもっていけにえを持って来て、そこで祭壇の角に縛りつける用意をしています。 あなたはわたしの神、わたしはあなたをほめたたえ、あなたはわたしの神、わたしはあなたを高く上げる。 主はいつくしみ深く、その慈しみはとこしえまで続くからである。

Leave a Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。