慈善家アン・ゲティが残したデザインレガシー 重ねられたインテリアと優雅なおもてなし

2020年9月15日に更新されたものです。 著名な慈善家でありインテリアデザイナーのアン・ゲティが、2020年9月14日に逝去しました。 ゲティは、サンフランシスコの数多くの芸術や教育の慈善団体に長年にわたり寄付を行い、人類学、出版、インテリアデザイン、幼児開発の分野の支援に多くの時間を捧げていたと、遺族は声明で述べています。 「友情と慈善活動における寛大さは、ゲティ夫人の特徴であり、様々な非営利団体を支援する数多くの募金活動に実家を開放していました」と、遺族は述べています。

2016年、ゲティはクリスマス時期にVERANDAを自宅に快く迎え入れ、彼女の華やかなホリデーデコレーションと家族の伝統の内側を読者に提供しました。 ゲティがいかに優雅な暮らしの術を真に習得したかをご覧ください。

サンフランシスコのパシフィックハイツ地区にあるアン&ゴードン・ゲティの1913年の壮麗な邸宅では、12月が最も幸せな時期です。 毎年、世界中から家族が集まり、1ヵ月間、夫婦でお祭りを楽しみます。 彼らは長年の友人たちとともに、ホリデーやクリスマスの5日前にあたるゴードンの誕生日を祝います。

getty home san francisco
新緑のリースが玄関に季節感を演出、19世紀のフランスのランタン、壁の塗装はベンジャミンモアのアイヴォリー・ポーセレンで仕上げました。
Melanie Acevedo

著名なインテリアデザイナーであり慈善家でもあるアンは、常にゲストをもてなすことに大きな喜びを感じています。 「ホリデーシーズンの装飾、メニュー、花に関わるのが好きなんです」と彼女は言います。 「また、若いミュージシャンやマジシャン、コスチュームを着た俳優を巻き込むこともあります。

getty home san francisco
Circa-1820 Canton famille rose plates; crystal, Baccarat; antique flatware, Tiffany & Co.
Melanie Acevedo

準備は12月の第1週に始まり、ミュージックルームと呼ばれる応接間の中央に高さ13フィートの常緑樹が置かれる。 やがてツリーは、金色のリボンや小さなライトで飾られた魔法のお菓子に変身します。

枝の間にも、作曲家であるゴードンが書いたオペラの登場人物を描いた精巧なオーナメントがぶら下がっています。 「80歳の誕生日に、この置物をプレゼントして驚かせたんです」とアンさん。 「楽譜や楽器を持ち、クチュールガウンや本物の衣装を着ています」

getty home san francisco
Ann GettyさんとゴールデンドックルのYankeeとDandee、そしてミックスのPerpetuaです。
Melanie Acevedo

ゲティ夫妻は、ロシアをテーマにしたこのスペースで、カクテルやリサイタルを開催しています。 19世紀の手織りのウールラグはロシア製で、かつてスコットランドのハミルトン公爵が所有していたものです。 パッチワークのカーテンは、夫妻の友人であったルドルフ・ヌレエフの伝説的なパリのアパルトマンを飾っていた生地で作られたものだそうです。 このバレエダンサーの両面ソファも、18世紀のベネチア製の織機でオーダーメイドされた黒と薔薇のシルクベルベットで張られているこのソファにインスピレーションを与えました。

getty home san francisco
ジョージII世のコンソールに飾られたクリスマスのおやつで満たされたガラスのアポセカリー・ジャー。 18世紀英国のアームチェア、美術品はカナレット。
Melanie Acevedo

シノワズリをテーマにしたダイニングルームは、ゲティの貴重なアンティークと優れた職人技を巧みに重ね、より高いドラマ性を獲得しています。 壁にはヴェル・エグロミセの帯がはめ込まれ、ボリュームのあるカーテンはメタリックに輝いています。 壁の上部には、黄金のブラケットに取り付けられた繊細な絵付けの磁器製の中国の仙人像が、ゲストを見下ろすように置かれています。

「私はシノワズリに関するあらゆることに情熱を持っています」とアンは言います。 「特に、ヨーロッパ人のために解釈されたエキセントリックなスタイルが好きなんです。 私にとって、中国の輸出磁器は、魅惑的でエネルギーを与えてくれるものです。

getty home san francisco
アーカイブ・ベヴィラクア・ベルベットのカスタムバンケット(ヒルデブランド家具)、18世紀英国のアームチェアと中国のシルクの壁パネル、ルイ14世のテーブル、アートワーク、ジャック=エミール・ブランシュ。
Melanie Acevedo

この半世紀で、夫妻はヨーロッパのアンティーク、ベネチア絵画、フランスのテキスタイル、ロシアのシャンデリアなど、博物館並みのコレクションを集めました。 リビングルームには、ロンドンの歴史的なスペンサー・ハウスから持ち込まれた、18世紀の金箔張りのアームチェアのペアが置かれています。 この部屋の壁は、コロマンデルの屏風の羽目板で覆われ、金のフレームに入った印象派の絵画が掛けられています。 家中には、アンが世界中を旅して集めたアンティークのサリーやリヨンのシルク、中国の刺繍入りブロケードの破片を使った装飾枕があります。

getty home san francisco
天井まで届くほどのクリスマスツリーに飾られた音楽がテーマのオーナメント。 手前の金箔張りのサイドチェアはアン・ゲッティハウスコレクション、20世紀のベヴィラクアとヴィンテージベルベットのソファ、19世紀のオットマンとラグ、窓際のジョージ2世彫刻の椅子、カスタムシャンデリア
Melanie Acevedo

すべては会話を楽しむための魅惑の舞台となりました。 そして、パーティーのゲストが帰ると、もうひとつの魅力が待っています。 エントランス・ギャラリーにある1740年頃の金木の彫刻が施された華麗なテーブルでは、一家のパティシエが金で包んだ手作りのキャラメルやフランスやイタリアのボンボンを可愛い箱に入れて持ち帰っています。 甘いもののひとつひとつが、輝かしい夜の幸せな思い出になるのです」

この記事は「VERANDA」2016年11-12月号に掲載されたものです。

Leave a Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。