低所得と肥満の関係は比較的新しいと研究

貧困と肥満が密接に関係していることは事実です。

しかし、この関係は、UTの研究者が共著で、オープンアクセスのオンラインジャーナルであるPalgrave Communicationsに発表した新しい研究によれば、約30年しか経っていません。

「米国における低所得と成人肥満の高率との関係は、1990年代初めまでは観察できないことがわかりました」と、UT人類学部の部長でこの研究の共著者のAlex Bentley氏は述べました。 “1990年という最近の時点では、これは検出可能な問題ではありませんでした。”

研究のために、科学者は、1990年から2017年の間に疾病管理センターとロバート・ウッド・ジョンソン財団によって集められた肥満データを州レベルで、そして2004年から2013年の間に郡レベルで分析しました。 そして、研究者たちは、これらの肥満率と米国国勢調査による世帯収入の中央値を比較しました。

この研究によると、1990年以降、世帯収入と肥満率の相関は、ほとんど相関がない状態から、2016年には非常に強い相関を示すようになり、着実に成長しています。

アメリカの貧困層は、肥満による影響を不当に受けています。 2004年から2013年までの10年間で、米国で最も裕福な上位25の郡では、肥満が平均で約1%増加しました。 米国で最も貧しい25の郡の間では、その10年間の肥満の増加率は平均で10%以上だった。

ベントリー氏とそのチームは、1970年代から加工食品によく使われている高果糖コーンシロップが、この増加に一役買っているかもしれないと推測しています。

「私たちは今、高い肥満率が低い世帯収入と相関し始めた1990年までに成人期を迎えた世代に対する加工糖の影響を調査しています」と彼は述べています。

CDCによると、米国では2015年から16年にかけて、9300万人以上の成人–約40%–が肥満の影響を受けています。 これは、30年前と比べて大幅に増加しています。 テネシー州だけでも、肥満率は1990年の約11パーセントから2016年には約35パーセントと、3倍以上になっています。

「2016年が肥満率のピークであることが判明した場合、それは偶然にも、1990年代のピーク以降、使用量が減少した高果糖コーンシロップの使用のピークの1世代後です」とベントレー氏は述べました。

生鮮食品と健康食品は高価なので、「貧しい家庭ほど、コストの面でも地域社会の中で実際にどんな食品の選択肢があるのか、選択肢が悪いのです」と同氏は付け加えました。

UT人類学部のポスドク研究員でこの研究の共著者であるダミアン・ラックにとって、収入と肥満の間のこの相関関係の出現は、人類の歴史のほとんどにおいて通常であったことからの根本的な出発なのだそうです。

「金持ちが痩せ型になったという事実は、ほとんどの文化でほとんどの時間そうであったこととは逆である」と彼は言いました。

CONTACT:

アンドレア・シュナイベル ([email protected], 865-974-3993)

Leave a Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。