ワインのボトルを開ける10の代替方法、コルク抜きを使わない開け方

ワインのボトルを開けるには、革紐やペーパークリップで? 歯ブラシで? 不思議なもので、手元に栓抜きがないために、知恵を絞ってワインを楽しまなければならない場面もあるのです。 田舎や公園での即席のランチや、午後ずっとキッチンにいる必要があった特別なディナーで、その素晴らしいワインがなければならない前に、何でもありですから。
ここでは、真のマギーバーのように、コルク抜きを使わずにワインのボトルを開ける10の効果的で贅沢で緊急事態に備えた方法をご紹介します。 ただ、これらの方法の中には、ワインの特性を著しく変化させるものもあり、危険であることも覚えておいてください。
ネジとドライバーを使う。 これは最もシンプルな方法の一つです。 ドライバーで、コルクの中心に普通のネジをねじ込み、ペンチやハンマーで引き抜きます。
ナイフで。 ナイフの先をコルクの中央に貫通させずに刺し、コルクを壊さないように注意しながらゆっくり回し、上に引き上げます。
皮ひも付き。 紐を結び、鋭利なものを使ってコルクの下に差し込みます。 紐をゆっくり引くとコルクが抜けます。
靴の場合 ボトルの根元を靴の中、かかとの部分に入れます。 靴の中に入れたボトルを持ち、ボトルの底を壁にぶつけて、コルクが飛び出してくるまで、手で取り出すことができます。 常に乾いた、しかし正確な打撃で。
電話帳で。 靴と同じような方法ですが、電話帳で打撃を和らげます。 ボトルの底面を丁寧に壁に打ち付ける。 ワイン自身の圧力で、手で引っ張るとコルクは強制的に終了します。
ハンガーを使用した場合。 ハンガーのフックを伸ばし、フックとしてコルクに差し込む。 ワイヤーを90度回転させ、フックがコルクの裏側を掴んで引き抜くことができるようにします。
クリップ付き。 開いたU字型のクリップ2個を半分ずつ向かい合わせにして、ボトルとコルクの間に差し込みます。 90度回転させて、底のコルクにフックが刺さるようにします。 ボトルに、両方のクリップの端を結合して、引っ張るためのリングを形成します。
釘とハンマーで打ちます。 3~5本の短い釘とハンマーを使用します。 並べて打ち込み、ハンマーの釘抜きを使って握り、レバーでコルクを抜きます
スパナで。 スパナを斜めに、コルクの中まで打ち込みます。 ボトルの首を持って、鍵を回して引っ張る。
吹き矢で。 コルクが飛び出すまで、吹き矢でボトルの首を熱します。 ワインの性質が変わってしまいます。
歯ブラシで。 歯ブラシの底をコルクの上に、コルクがボトルの中に入るまで置く。 そんな単純で悲しいことなので、この方法は最終手段として使ってください。
壮大で危険なものもありますよね? だからこそ、自尊心のあるワイン愛好家は、常に手元にコルク抜きを置いておくべきなのです。
詳しい情報はこちら

Leave a Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。