ローマ書3章聖書注解

完全な簡潔

章の内容

答えられた対象物。 (1-8)すべての人類は罪人である。 (9-18)ユダヤ人も異邦人も、自分の行いによって正当化されることはない。 (19,20) それは、キリストの義を信じる信仰による、神の自由な恵みによりますが、律法はなくなってはいないのです。 (21-31)

ローマ3:1-8解説

(ローマ3:1-8を読む)

律法は罪の中にあっても罪から救うことはできないが、ユダヤ人に救いを得るための利点を与えていた。 その定められた儀式、真の神とその奉仕を知るための教育、アブラハムの子らに示された多くの恩恵はすべて恵みの手段であり、疑いなく多くの人々の改心に役立てられた。 しかし、特に聖書は彼らに託された。 神の言葉と儀式を享受することは、民衆の最大の幸福である。 しかし、神の約束は信者に対してのみなされたものである。したがって、ある者、あるいは多くの信者が不信仰であっても、この忠実さを無にすることはできないのである。 神はその民に対する約束を果たし、不信仰な者には脅迫された復讐を行う。 神がこの世を裁くということは、神の正義に対するあらゆる疑念や考察を永遠に黙らせるべきである。 ユダヤ人の邪悪さと頑固な不信仰は、人間が信仰による神の義を必要とし、また罪を罰するという神の正義を証明した。 このように、自分の悪い行いを正当化する人はほとんどいません。 信者は、義務は自分にあり、出来事は神にあることを知っています。そして、神がそれによってご自分を輝かせるかもしれないという希望、あるいは確信のもとに、いかなる罪も犯してはならず、いかなる偽りも語ってはならないのです。 もし誰かがこのように話し、行動するならば、彼らの非難は正当である。

ローマ3:9-18の解説

(ローマ3:9-18を読む)

ここでまた、すべての人類は罪の重荷として、その罪の支配と管理のもとで、悪を行う奴隷であることが示されている。 このことは、旧約聖書のいくつかの聖句によって明らかにされており、恵みが彼らを抑制し変えるまでは、すべての人間の腐敗し堕落した状態を描写しています。 私たちの利点は大きいのですが、これらの聖句はクリスチャンと呼ばれる多くの人々を描写しています。 彼らの原則と行動は、彼らの目の前に神を恐れることがないことを証明しています。 そして、神への畏れがないところでは、善を探すこともできない。

ローマ3:19,20の解説

(ローマ3:19,20を読む)

律法の働きによって義と認められようとするのは無駄なことである。 すべて有罪を主張しなければならない。 神の前で有罪とは、恐ろしい言葉である。しかし、律法を破ったことで彼を非難する律法によって、誰も義とされることはできないのである。

ローマ3:21-26の解説

(ローマ3:21-26を読む)

罪ある者は怒りの下にとどまらなければならないのか。 その傷は永久に治らないのでしょうか。 いや、神に祝福されて、別の道が開かれているのである。 これは神の義であり、神が定め、提供し、受け入れる義である。 それは、イエス・キリストをその対象とする信仰によるもので、油を注がれた救い主、つまりイエス・キリストが意味するところです。 義とする信仰は、キリストを預言者、祭司、王という三つの油注がれた職において、救い主として尊重し、彼を信頼し、受け入れ、彼に固執する。これらすべてにおいて、ユダヤ人と異邦人はキリストを通して同様に神に歓迎されるのである。 キリストの義は、信じるすべての人の上にあり、彼らに提供されるだけでなく、冠や衣として彼らに着せられます。 これは無償の恵みであり、単なる慈悲であり、私たちにはこのような恩恵に値するものは何もありません。 それは私たちに自由に与えられるものですが、キリストはそれを買い取り、代価を支払われました。 そして、信仰は、贖罪をしたキリストの血に特別な注意を払います。 神はこのすべてにおいて、ご自分の義を宣言しておられます。 キリストの血に勝るものがないとき、神が罪を憎まれることは明らかです。

ローマ3:27-31の解説

(ローマ3:27-31を読む)

神は罪人の義認と救いの大業を最初から最後まで遂行させ、自慢を封じようとされるのである。 さて、もし私たちが自分の行いによって救われるなら、誇りは排除されないでしょう。 しかし、信仰による義認の方法は、自慢を永遠に締め出すのです。 しかし、信者は無法者となることはできません。信仰は律法であり、真理のあるところでは、働く恵みなのです。 信仰とは、従順な行為や善行ではなく、キリストと罪人との関係を形成するものであり、これにより、信者は救い主のために赦され、義とされるべきであり、キリストと結びつかない不信仰者は、非難の下にとどまるべきものなのです。 律法は、過去のことを私たちに納得させ、未来のために私たちを導くために、まだ役に立っています。 私たちは契約としてそれによって救われることはできないが、媒介者の手による規則として、それを所有し、それに服従する。

Leave a Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。