ロベン島

ユネスコは1999年に西ケープ州にあるロベン島を世界遺産に指定した。 ロベン島は、ブルバーグストランドから西へ約6kmのテーブル湾に位置し、海抜は約30mです。 ロベン島は400年近くにわたり刑務所として使用され、人々が隔離、追放、流刑された場所である。 また、郵便局、放牧地、精神病院、前哨基地としても使われた。

当初この島には、鳥、ペンギン、アザラシ、カメなどさまざまな野生生物が生息していた。 名前の由来はオランダ語でアザラシを意味する「robben」である。 また、この島には豊富な湧き水があった。

1652年以前は、本土の先住民との取引の代わりに、テーブル湾を訪れるほとんどの船がロベン島に上陸し、新鮮な水と肉を補給することを好んでいた。 その結果、ロベン島は郵便物のやりとりの主要な場所となり、出航する船からの手紙は刻まれた石の下に置かれ、帰港する船が回収して配達するようになった。 ヤン・ファン・リーベックが1652年に岬に到着した後も、この傾向は続いた。彼は、ヨーロッパから東インド諸島へ向かう船が、本土に立ち寄らずに新鮮な食料と水を確保できるような場所を確保しなければならなかったからだ。 また、狩猟のためのアザラシ、カメ、ペンギンもたくさんいた。

ロベン島に到着した囚人たち Image source

しかし、この島が囚人基地としての可能性に気づかないわけはなく、1671年頃、オランダは囚人たちをこの島に収容しはじめたのである。 この好意は、政治犯や他のオランダ植民地から岬に追放された「不適格者」にも拡大されるのは時間の問題だった。 実際、オランダ政府は東インド諸島の王、王子、宗教指導者たちをロベン島に囚人として送った。彼らは自国におけるオランダの支配に同意しなかったからだ。 1795年から1802年までのイギリスによる最初のケープ占領期には、テーブル湾で捕鯨活動が開始され、1806年の返還後はロベン島に捕鯨基地が置かれた。 1812年、この島を精神病患者の保護施設として使用する試みが初めて行われ、1843年には植民地長官ジョン・モンターグがハンセン病患者、貧困者、精神障害者、慢性疾患者のためのコロニーとして使用する計画を打ち出した。 この計画では、流刑地を本土に移し、囚人労働力を道路建設などの政府事業にもっと生産的に使えるようにすることも定められていた。 この計画は受け入れられ、1845年までに島は植民地の望まれない人々や愛されない人々の住処となった。当時「精神病」とみなされた人々には、ホームレス、アルコール中毒者、病気や高齢で働けない人々、性感染症の売春婦などが含まれた。 これらの不幸な人々は、当時の基準からしても不健康で非人道的な扱いを受けることが多く、島の状況は進歩的な聖職者や医療スタッフから常に苦言を呈されることになった。 ロベン島の灯台は、1865年1月に建設された。 植民地時代のエンジニア、ジョン・スコット・タッカーが設計した円形の塔は、地元で切り出された石で建てられ、高さは18mだった。 1875年の国勢調査によると、ロベン島の人口は552人であった。

テーブルマウンテンを背景にしたロベン島の航空写真。

1931年以降、すべての「患者」はケープの病院に送られ、島は第二次大戦前に軍事基地として使用されるようになった。 銃が保管され、政府は道路、発電所、新しい水道、住宅を建設した。

1961年に再び刑務所として使用され始めた。 アパルトヘイトの時代には、多くの黒人が政治犯としてロベン島に収容された。 ネルソン・マンデラ元大統領もここに収容されていました。

ロベン島が世界遺産に登録されたのは、島の建物が悲しい歴史を思い起こさせるとともに、人間の精神の力、自由、抑圧に対する民主主義の勝利を示すものであることが理由です。

Leave a Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。