ラッセル・ヘンリー

Henley 2011年9月、全米ツアー「ソボバ・ゴルフ・クラシック」でプロデビューを果たす。 その翌年のチキータ・クラシックでは、パトリック・キャントレーとモーガン・ホフマンをプレーオフで破り、優勝を果たした。 2012年10月、ウィン・ディクシー・ジャクソンビル・オープンで、この年2つ目のタイトルを獲得した。 72番ホールで25フィート(7.6m)のパットを決めてバーディーを奪い、B.J.スタテンとのプレーオフに持ち込んだ。 プレーオフの1ホール目でパーを取り、優勝を果たした。 また、このような状況下でも、「憧れ」の存在であり続けることができるのも、「憧れ」の存在であるからこそ。 256(-24)でフィニッシュし、ソニー・オープンの得点記録を4打更新した。 これは、2003年のバレロ・テキサス・オープンでのトミー・アーマー3世に2打差をつけて、PGAツアー史上2番目に低い72ホール大会のスコアとなったのである。 この優勝でヘンリーはマスターズと全米プロゴルフ選手権への招待を受けた。

ヘンリーは2014年3月にフロリダで開催されたホンダクラシックでPGAツアー2勝目を挙げた。 日曜日の難しいコンディションの中、ヘンリーは2オーバーの72でラウンドし、ラッセル・ノックス、ロリー・マキロイ、ライアン・パーマーとの4人でのプレーオフに進出しました。 プレーオフ1ホール目の18番(パー5)で、ヘンリーは4人の中で唯一2オンでグリーンをとらえた。 ノックス、マキロイ、パーマーはいずれも2オンを逃し、ヘンリーが3フィートからホールアウトし、優勝を果たしました。 この勝利の結果、彼は世界のトップ50に上り、次のマスターズの出場権を獲得した。

2017年4月、ヘンリーはテキサス州のシェル・ヒューストン・オープンでツアーイベント3勝目を挙げた。 54ホールで首位のカン・ソンフンに4ストローク差でラウンドをスタートした。 ヘンリーは最終ラウンドで10バーディとダブルボギー(9番ホール)を含む65(-7)をマークし、2位のカンに3打差をつけて優勝した。 この優勝で、次週のマスターズへの出場権を獲得し、8月の全米プロゴルフ選手権への出場権も獲得しました

Leave a Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。