モロッコの文化・習慣

Home ‘ 文化

他の国と同様に、モロッコも独自の文化を持っている特別な国です。 さらに、違いを受け入れるところでもあります。 ここでは、モロッコの特徴だけでなく、モロッコが他の文化や伝統を受け入れる国であり、ある一角で実践されている現実についてお話します。 この国は、歴史を通じてその文化が大きく変化してきたことを考えると、本当に多勢の意味を知っているのです。

モロッコを旅すると、それが芸術と歴史の土地であることがわかります。国だけでベルベル人、フェニキア人、アラブ人、南(サブサハラアフリカ)、北(ローマ人、ヴァンダル、スペイン-アンダルシア、イスラムとユダヤの両方)を受け入れてきました。しかし、モロッコの人口の大部分はアイデンティティによってベルベル人とアラブ人で、人口の少なくとも3分の1はアマジ語を話している。

モロッコは何で良く知られていますか。

  • モロッコの人々
  • モロッコの価値観と態度
  • 伝統的な服装
  • モロッコの結婚式
  • モロッコの料理
  • モロッコの 建築
  • モロッコ音楽
  • モロッコのおもてなし

モロッコ人

モロッコ人はモロッコの住民であり市民である。 ベルベル人またはアラブ人を起源とする人々がほとんどです。 モロッコには3,300万人、フランスとスペインには250万人が住んでいます。

モロッコ人についてもっと知る

モロッコの価値観と態度

モロッコ人はイスラムの原理に従い、核家族だけでなく、拡大家族のいずれにおいても、結束に強い基盤を持っています。

伝統的な服装

モロッコの伝統衣装はジェラバですが、最近の若者が着るようなものではありません。 また、結婚式で着ることもあるカフタンもありますよ。

モロッコの民族衣装について

モロッコの結婚式

モロッコのアマリアの花嫁

モロッコの結婚式は別世界のようです!

モロッコの結婚式で一番人気なのは、「カフタン(BALGHA:皮製のフラットなスリッパ)」と「タチタス(Takchitas:ヒールが付いたスリッパ)」でしょう!モロッコの結婚式は「カフタンス(CAFTAN:皮製のフラットなスリッパ)」と「タチアス(TAINTAS:ヒールが付いたスリッパ)」です。 花婿は花嫁に砂糖やヘナなど、自分で選んだ特別な贈り物を当日までに贈ることになっています。 結婚式の2日前になると、花嫁は親族と一緒にモロッコの伝統的なハマム(サウナ)に入り、伝統的な歌を歌い、身を清めるという習慣があります。 次に行われるのは、有名なモロッコのヘナを使ったセレモニーです。 プロに頼んで、花嫁の手と足に意味のあるシンボルを描いてもらうのです。 都市によって儀式は異なりますが、モロッコの結婚式は少なくとも4〜8時間続き、Negafa(メイクアップサービスを提供する女性)を使って花嫁の身だしなみを整えるという事実は変わりません。 また、新郎新婦にはアマリヤ(伝統的な装飾用の椅子)が使われます。
これらはすべて伝統と考えられています。 結婚式も、「Dekka El Merrakchya」と呼ばれる音楽も、街角で見かけるヘンナも、お茶を入れる「Rezza」も、モロッコの伝統の一つなのです。

モロッコ料理

モロッコ料理 Tajine

モロッコ人が出身地を聞いて最初に思いつくのは食べ物でしょう!

モロッコ料理 Tajine

モロッコ料理 Tajine

モロッコ料理Tagineは、その名の通り「食べ物」です。 そう、食べ物です。信じられないかもしれませんが、モロッコ料理を言葉だけで表現するのは難しいのです。 パスティーヤからタジン、クスクスまで、その料理はあなたを魅了することでしょう。 料理が上手なだけでなく、細かいところまで行き届いています。 特にスパイス。 モロッコ人に聞けば、スパイスの使い方を知ることがモロッコ料理で最も重要なことだと言うでしょう。
最もよく使われるスパイスは、クミン、塩、コショウ、オレガノ、パセリ、コリアンダー、キャラウェイ、そしてミントまで!
このようなスパイスの使い方を知ることは、モロッコ料理で最も重要なことだと思います。 次にジンジャー、パプリカ、ターメリック、サフランと続きます。 モロッコのスパイスについて知っておくべき最も重要なことは、「Ras El Hanout」と呼ばれるモロッコ独自のスパイスがあることでしょう。 このスパイスは、27種類のスパイスからできている

さて、モロッコ料理は、地中海料理、アラビア料理、アンダルシア料理、ベルベル料理がミックスされているのが一般的です。 他の文化との交流によって大きな影響を受けており、モロッコがいかに多文化であるかを物語っています。 以上、モロッコ料理についてご紹介しました。 ビサラは乾燥インゲン豆のスープ、ハリラはトマト、レンズ豆、ひよこ豆、子羊がたっぷり入っていて、レモンジュースとコリアンダーでスパイスが効いています。 そして最後に、マコウダ(ジャガイモのパンケーキ)です。 ただ、覚えておいていただきたいのは、一つの国とはいえ、街や家庭によって、これらの料理はそれぞれ違うということです。 ぜひ一度足を運んでみてください。

モロッコ建築

ゼリゲで飾られたモロッコのリアド

モロッコ建築は、噴水、幾何学模様、イスラム書道といったアラビア建築、ペルシャのタイル張り技術(ゼリゲ)、アンダルシア庭園やアーチといった南スペイン式のアルアンダルース建築などの影響を大きく受けている。 最近の建物は、1912年にフランスがモロッコを占領したため、フランス建築の影響を受けている。

モロッコ音楽

モロッコの音楽は、モロッコの文化の基本的な側面の一つである。 リフ地方のアマジー音楽、ラバト、フェス、ウジュダのアンダルシア音楽、アトラス地方のチャービ、スース地方のアヒドス、そしてグナワなど、さまざまな音楽が見られます。

モロッコ音楽をもっと知る

モロッコのおもてなし

マラケシュの「グラブ」-水を配る

これもこの国の特徴、市民のおもてなしです。 モロッコの人々は、おそらくあなたが今まで出会った中で最も素敵な人々の一人でしょう。 モロッコの人々は、今まで出会った人々の中で最も親切な人々の一人でしょう!彼らは、あなたが誰であるかを確認する必要さえなく、家にあなたを迎え入れ、あなたがもう食べられなくなるまで食事を与える必要性を感じ、あなたが彼らの土地について知る必要があるかもしれないすべての話をし、あなたの全旅程を案内してくれるでしょう。 若者の場合は?

モロッコの文化と伝統

モロッコの文化についての詳しい情報です。

  • 伝統的な衣服
  • モロッコの建築
  • モロッコの音楽
  • モロッコのことわざと名言
  • モロッコ人
  • ベルベット・カーペット

Leave a Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。