ポール・レイノー

AppointmentEdit

レイノーの人気は高まっていたが、下院は自党のほとんどが棄権し、わずか一票差で彼を首相に選出した。 右派の多くは、レイノーにドイツではなくソ連を攻撃するよう要求した(524)。また、会議所は、レイノーがフランスの弱体化に個人的に責任があるとしたダラディエをレイノーの国防・戦争担当大臣に押しやった。 レイノーの最初の行動の一つは、1940 年 3 月 28 日にロンドンで開かれた英仏最高戦争評議会の会合で、その主な成果は、ネヴィル・チェンバレン英首相との間で、両国とも単独講和には署名しないという宣言に調印したことであった。 共同コミュニケでは、「両政府は相互に、現在の戦争中、相互の合意による場合を除き、休戦または講和条約の交渉も締結も行わないことを約束する」と宣言された。 1940 年 6 月 15 日、フランス内閣は、ジャン・モネが構想しドゴールが擁護した、両 国の統合を目指すイギリスの提案を拒否した。レイノーは、消耗戦に基づく「長期戦戦略」の概念 を一切放棄したのである。 レイノーは、ドイツ軍の注意をフランスからそらすために、バルカン半島や北ヨーロッパに戦争を拡大する案を検討し、連合軍のノルウェー作戦の開始にも貢献したが、失敗に終わった。 4月26日にイギリスが撤退を決定したため、レイノーはロンドンに赴き、ノルウェーで戦うようイギリス側に個人的に働きかけた:533

The German breakthroughEdit

レイノー就任後2ヶ月足らずでフランスの戦いが始まった。 フランスは1940年5月初旬の最初の攻撃で大打撃を受け、パリが脅かされた。 侵攻開始から5日後の5月15日、レイノーはチャーチルに連絡し、「我々は敗北した…我々は負けたのだ…」と発言したのは有名な話である。 戦線はセダン付近で崩壊している”。 実際、装備や士気に関しては、ルマンで自殺した将校の遺体から発見された葉書をレイノーが受け取ったほどであった。 そこにはこう書かれていた。 「5月18日、レイノーは総司令官モーリス・ガムランを解任し、マクシム・ウェイガンを起用した。 午後2時、チャーチルは、レイノーがフランスの軍事状況は絶望的であり、ドイツとの個別講和を結ぶつもりはないが、辞任に追い込まれるかもしれないし、フランス政府内の他の者がそうした条約にサインするかもしれないと述べたと陸軍内閣に報告した。 この段階でチャーチルはレイノーに、ムッソリーニとの会談を完全に否定するものではない(イタリアはまだ中立である)と述べている。 ハリファックス外務大臣は、レイノーのフランスへの帰国を前に、午後のうちにレイノーと面会した。 ハリファックスは「レイノーの選択肢」と婉曲的に表現されるものを支持し、地中海のイギリス領を譲ることで許容できる和平条件を交渉できないか、イタリアに働きかけることを提案した。 ハリファックスは最終的にチャーチルによって却下された:217

5月28日、チャーチルはレイノーに電報を送り、その時点ではムッソリーニへのアプローチは行わないが、可能性を残しておくと述べた。 ムッソリーニは、英仏が提案した路線に沿ったルーズベルト大統領によるアプローチを拒否していたのである。 5月28日、イタリアがドイツ側からの参戦を計画していることが判明し、それは6月10日に実現する:223-227

6月初旬、レイノーが長年支持してきた、1940年5月にドイツ軍との戦いを成功させた少数のフランス軍司令官の一人、シャルル・ド・ゴールが准将に昇進し陸軍次官となった。

休戦支持、レイノー辞任 編集

レイノーは5月26日にロンドンから帰国した際、少し動揺したが、それ以外は戦闘続行を希望した。 しかし、彼は同僚を十分に説得することができなかった(138-142)。イタリアは6月10日に参戦し、その日、総司令官ウェイガン将軍はレイノーの執務室に踏み込み、休戦を要求した。 その夜11時頃、レイノーとドゴールはパリからトゥールに向かい、翌日には他の政府関係者もトゥールに向かった。 195-196

6月11日から12日にかけてブリアーレのミュゲ城で行われた英仏会議において、チャーチルはフランス側にブルターニュや北アフリカで、あるいはゲリラ戦によって戦いを続けるよう求めたが、副首相ペタン元帥の強い抵抗に遭い、これを拒否した。 6月12日夜の閣議で、休戦を求める動きが高まっていることが明らかになり、要塞化されたブルターニュではなくボルドーに移動することが決定された:197-198

6月13日にトゥールで開かれた次の英仏会議では、レイノーは、フランスが休戦を求めるために、1940年3月に首相ネヴィル・チェンバーレンと結んだ合意から解放するよう要求している。 チャーチルは、フランスの行動を「理解した」と述べたが、(後に承認したという主張とは逆に)それには同意していないと述べた。 その夜の閣議で(チャーチルはレイノーの希望通りフランス内閣で演説せずロンドンに戻った)ペテンはワイガンの休戦要求を強く支持し、自分もフランスに残ってフランス人の苦しみを分かち合い、国家の再生を始めると述べた:199-201 アルベール・ルブラン大統領は6月13日にレイノーの辞職を拒否した(204-205

エドワード・スピアーズは、レイノーは6月13日の晩から大きなストレス下にあった、と記録している。 6月14日、ヴィルルームとド・ポルテスはアメリカの外交官アンソニー・ジョセフ・ドレクセル・ビドル・ジュニアを訪ね、フランスには休戦を求めるしかなく、自分たちはレイノーのために話しているのだと言ったが、ビドルはそれを信じなかった。 6月15日の内閣で、レイノーはオランダの例を採用し、陸軍は武器を捨てて外国から戦いを続けるべきだと主張し、ペタンも同調した:82-86 ペタンはウェイガン将軍(彼は閣僚ではないので外で待っていた)に話をしに行かせられた:325-327 ワイガンは、これは恥ずべき降伏であると説得した。 そしてショータンは、条件についての問い合わせというごまかしの提案をした:82-86 内閣は13対6でショータンの提案に賛成した。 レイノーはその場で辞職しようとしたが、ルブランは彼を怒鳴りつけた。 6月15日まで休戦に反対していたダルラン提督は、フランス艦隊がドイツの手に渡らないことを条件に、休戦に同意した:325-327 6月15日、レイノーは夕食時にド・ポルテスにグラス2杯の水をかけた。重要な電報が行方不明になり、彼女のベッドで見つかった:138-142

6月16日にド・ポルテスが会議中にドアの周りに頭を出し続け、アメリカの外交官は彼女がレイノーのオフィスを常に行き来していることを証言している。 ルーズベルト大統領からのレイノーの質問に対する回答は、議会の承認なしにはほとんど何もできないとし、6月16日日曜日の朝に届いた:82-86 チャーチルからの電報もその日の朝に届き、フランス艦隊をイギリスの港に移すことを条件に休戦に同意すると書かれていたが、フランスを無防備にしてしまうと主張したダランには受け入れ難い提案だった:82-86 ドゴールはその午後ロンドンで英仏連合計画について話し合っていた。 彼はレイノーに電話をかけ、イギリス内閣が同意したことを伝えた(203-204)。フランス内閣はその後ボルドーで会議を開いた。 レイノーは戦いを続けたいと考えていた。彼とジョルジュ・マンデルは、内閣の中でこの提案を支持する数少ない一人であった。 ルブランの間違った記憶とは逆に、6月16日の日曜日の内閣では正式な投票が行われなかったようだ:204-205 会議の結果は不明である:82-86 10人の大臣が戦闘継続を望み、7人が休戦を支持したが、この中には2人の副首相が含まれていた。 ペタンとショータンの2人の副首相が含まれていた。 ヴァイガンも休戦に賛成していた。 さらに8人の閣僚が態度を決めかねていたが、最終的には休戦に傾いた。 このとき、ルブランはレイノーの辞任をしぶしぶ受け入れた。 ドゴールは後に、レイノーは「計り知れない出来事によって不当に打ち砕かれた偉大な人物」であると書いている。204-205

辞任後編集

ジュリアン・ジャクソンは、レイノーは20年間ペタンを権力に引き入れたことに罪悪感を抱き、何が起こったのかこれまで以上に複雑な説明をしたと書いている:彼自身の闘志にもかかわらず、5月26日の短い動揺を除いて、「彼はクレマンソー(フランスの1917年から18年の大きな戦争首相)になれず、ドゴールの機会を逃して自分を許すことがなかった」のだ、と。 レイノーは後に、休戦条件が厳しすぎるならペタンが辞任することを望んでいたと主張しているが、もしそれが本当なら、ジャクソンの考えでは希望的観測に過ぎない。 彼は内閣の中で、戦い続けるための多数派を集めることができたという主張があったので、彼は後に、「軟派」、特にフランスの二大兵士であるペタンとウェイガンの政治的重さに反対することはできなかったと主張している:138-142

スピアーズは、レイノーが重荷から解放されてほっとしているように見えたと記録している。 その直後、彼は6月17日にコンカルノーでチャーチルに会うことを希望し、否定的だったようだ(実際、ウォータールー駅にいたチャーチルはレイノーの辞任を知り、旅行計画をキャンセルした):138-142

ジュール・ジャンヌィとエドゥアール・エリオットはそれぞれ上院と下院の議長として、レイノーを首相に再任するようルブランに求めた(4人とも北アフリカから戦争を継続したかった)。 ルブランは仕方なく、すでに閣僚団を準備していたペタンを首相に任命することにした。 ペタンは新政府(第三共和制最後の政府)の指導者となり、6 月 22 日に休戦協定に署名した:206-207 ドゴールは 6 月 16 日の午後 10 時ごろボルドーに戻った。 彼はレイノーを訪ねたが、レイノーはまだ北アフリカに行くことを希望しており、ロンドンに来るこ とを断っていた。 レイノーは翌日の政権移譲まで政府の秘密資金をまだ管理しており、ドゴールに資金を提供し ていた。 ドゴールは 6 月 17 日午前 9 時、エドワード・スピアーズとともにロンドンに飛び、翌日、 戦い続けることを表明する有名な放送を行った。 レイノーはドゴールにロンドン行きを命じたという説があるが、これを確認する書面は見つかっていない:209

レイノーはその後ペタンの駐米フランス大使のポストを仮承認することになる。 ルブランはレイノーを賞賛し、ペタン政権との関係から彼を救いたかったようで、この任命を拒否した。209, 238

事故と逮捕編集

レイノーとド・ポルテスはボルドーのホテル・スプレンディードを出発し、ドイツ軍の進軍を前に南東に走行、エロー県グレのレイノーの別荘に立ち寄り(他の資料ではサント・マクシームの娘の家に向かっていた)、北アフリカへ逃亡する予定であった。 6月28日、レイノーの運転するルノー・ジュバクアトルは不可解なことに道路から外れ、セート近郊のラ・ペイラードで飛行機の木に衝突。 モンペリエで入院中、レイノーはアメリカ大使ビル・ブリットに「私は国、名誉、そして愛を失った」と語ったとされる

レイノーはペタンの命令で除隊後逮捕され、ポルタレ要塞に収監される。 ペタンは、1942年のリオム裁判でレイノーを起訴することを断念し、代わりに彼をドイツ軍に引き渡しました。ドイツ軍は彼をまずザクセンハウゼン強制収容所に、次にオーストリアのヴェルグル近くのイッター城に収容し、他の有名なフランスの囚人と共に1945年5月7日に連合軍によって解放されるまでそこに留まったのでした。 反ナチス・オーストリアのレジスタンスに移ったドイツ国防軍将校ヨーゼフ・ガングル少佐は、1945年5月5日のイッター城の戦いでレイノーを危険から遠ざけようとして狙撃手に撃たれ死亡した

Leave a Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。