ベトナムの赤ちゃんが母親のIUDを持って出てきた

医師は患者に接するときいろいろなものを見て、彼らを驚かせることが必要ですが、ベトナムのこの産科医は、彼女が出産した赤ちゃんが不思議なものを手に持って出てきたので、写真を撮らずにはいられなくなったのだそうです。

ベトナム北部のハイフォンにあるハイフォン国際病院で生まれた男の子は、母親のIUD(子宮内避妊具)を手に蹴って叫んでいました。

驚いたことに、トラン・ヴィエット・フオン医師はその瞬間を捉え、6月30日の火曜日にFacebookに写真をアップしています。 写真では、男の子が黒と黄色の避妊用コイルを手にしている様子が写っています。 この投稿には、3,500以上の「いいね!」と4,000以上のシェアが寄せられています。

「出産後、彼が避妊具を持つ姿が面白いと思い、写真を撮りました。 ヤフーニュースによると、赤ちゃんの34歳の母親は2年前にIUDを装着したとのことです。 明らかに、おそらくそれが落ちて、妊娠につながった。

IUDは子宮に挿入されるT字型の避妊具である。 家族計画連盟によると、IUDは、コンドームや避妊ピルと違って、誤用したり忘れたりする可能性がほとんどないため、妊娠を防ぐのに99%以上の効果があるとのことです。 しかし、IUDの不具合で妊娠した場合、子宮外妊娠につながる可能性があり、危険です。 子宮外妊娠は卵管にできることもあり、卵管が破裂して命にかかわる出血をすることもあります。

しかし、ベトナムの新しい母親は無事に妊娠し、現在3.2kgの男の子が生まれました。

広告

ネットユーザーは、彼女の赤ちゃんの写真がバイラルになった後、お祝いを共有しました。 もちろん、避妊具を持った赤ちゃんが子宮から出てくるという皮肉は、彼らには伝わりませんでした。

Tweetを取得中にエラーが発生しました。 削除された可能性があります。
Tweetを取得中にエラーが発生しました。 削除された可能性があります。
ツイート取得時にエラーが発生しました。 削除された可能性があります。
ツイート取得時にエラーが発生しました。 削除された可能性があります。
ツイート取得時にエラーが発生しました。

嗚呼、人生の皮肉

訂正 07/09/20: 以前の記事で、子宮外妊娠でIUDのチューブが破裂することがあると記述していました。 これはタイプミスであり、文章は卵管に関連するものに修正されました。

InstagramでMiranをフォローする

この記事はVICE ASIAに掲載されたものです。

Leave a Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。