フランスのメーデー:労働者の権利とスズランの花

メーデー(La Fête du Travail)はフランスを含む多くの国で祝祭日となっています。 労働者の権利を祝うだけでなく、愛する人にスズランの花を捧げる機会でもあります!

Background

世界中の何百万人もの労働者にとって、5月1日は彼らの日なのです!

この日は、労働者の権利とスズランの花を捧げる日なのです。 19世紀後半、アメリカの労働組合は、危険な環境で過重労働をさせられ、賃金も少ないことにうんざりしていました。 そこで1884年、組織された商業組合と労働組合の連合体がシカゴで会合を開き、一つの大きな要求を突きつけたのです。 そして、1886年5月1日、30万人以上のアメリカの労働者がストライキに突入した。 3日後、数千人のストライカーがヘイマーケット広場に集まり、警官と労働者の間で暴動が起こった。 群衆に爆弾が投げ込まれ、数人が死亡した。 この事件は「ヘイマーケット大虐殺」と呼ばれた。 それ以来、5月1日は世界の多くの国で国際労働者デー(時には労働者の日)となっています。 メーデーの背景にある各国の労働者の歴史はそれぞれ異なりますが、いずれも労働者の正義のために命を捧げた人たち、そして捧げ続ける人たちを記念しています。

フランスの労働祭

世界の多くの国々と同様、フランスでは5月1日が休日です。 この日は1年のうちで唯一、従業員に休暇を与えることが法的に義務づけられている日です(たとえば病院や公共交通機関のように、中断できない一部の職業は除きます)。 フランスで8時間労働制が正式に導入されたのは1919年4月23日ですが、労働組合は毎年、労働者の権利を守るために全国でパレードを開催しています。 フランスでは、メーデーは「La Fête du Muguet(谷間のユリの日)」とも呼ばれ、特にパリでは愛する人に花束を贈る習慣があります…が、なぜでしょうか? この伝統は1561年までさかのぼります。 フランス王シャルル9世は、5月1日にスズランの花をプレゼントされました。 それを気に入った王は、毎年5月1日に宮廷の女性たちにスズランの花を贈ることにしたのだそうです。 ということで、スズランの花は労働者とは関係ないのですが、フランスのロマンスセンスでうまくいきました!

Leave a Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。