ピストルアニーズ、離婚や複雑な女性にユーモアで挑む

NASHVILLE, Tenn. — ピストルアニーズの独身生活を取り戻すための生意気な新曲「Got My Name Changed Back」は、旅先で浮気をした夫についての歌詞で眉をひそめ、誰がこの曲にインスピレーションを得ているかもしれないという憶測を呼んでいる。

ミランダ・ランバート、アンガリーナ・プレスリー、アシュリー・モンローのトリオは明言しないが、プレスリーは、彼らの間に2回の離婚と2人の元夫がいると指摘している。

「それは必要とされている感じの良い離婚ソングでした」とプレスリーは言った。 「

「私たちは、一人でいるよりも、もう少し勇敢に一緒に好きなことを言うことができます」と、ランバートは付け加えました。 「

彼女たちは、金曜日に発売された5年ぶりのアルバム『Interstate Gospel』で、失敗した結婚、絶望的な妻、女性の友情、複雑な女性について、たくさんの辛辣なユーモアとちょうどよい量の悲しみをもって取り組んでいます。 「しかし、他の2人は、彼らの最初のアルバムに、彼女の元夫ブレイク・シェルトンが彼らと共同執筆した曲が1曲あったことを指摘し、彼女を訂正した。

それは、それぞれがソロ・アルバムに個別に取り組んでいた数年後に、再び作曲を始めるきっかけとなったもうひとつの離婚ソングだった。

ランバートは、この後悔の曲「私が彼の妻だったとき」の詩とコーラスを考え出し、それをプレスリー、モンローにボイスノートで送信した。

「私たちは、それ自体で作曲セッションをすることはありません」とプレスリーは言いました。

「私たちはギターを持ってパジャマ・パーティーをします」とランバートは言いました。

彼らが自分たちのことだと認める曲は、「ストップ・ドロップ・アンド・ロール・ワン」というカントリーロックで、自分たちの違いと類似性を祝う曲です。

「もし私たちが全員、財布をテーブルの上に捨てたら、それは『Stop Drop and Roll One』になるでしょう」とプレスリーは言いました。「Best Years of My Life」のような曲は、娯楽薬やくだらないテレビ番組を通じて、単調な生活から逃れたいと願う感情豊かな女性キャラクターを作り出す彼らの能力を示しています。 「

「(女性として)経験しなければならないことはたくさんある」とモンローは言います。 「このアルバムはその多くに触れていて、そこにユーモアやひねりが加わっているので、少しハードルが低くなっています」

トリオは、11月14日のカントリーミュージック協会賞でパフォーマンスを行う予定ですが、プレスリーが妊娠しているため、アルバムのプロモーションツアーは行わず、ナッシュビル、ニューヨーク、ロサンゼルスでの3公演のみとなっています。

「このレコードはとても特別な感じがするし、親密な数回のショーを行うことで、人々がテープに録音したものを実際に聴いて、そこから発展させるチャンスを与えるような気がする」とランバートは語っている。

オンライン:

https://pistolannies.com/

Follow Kristin M. Hall at Twitter.com/kmhall

  • This article filed under:
  • Music
  • 関連プレス

Leave a Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。