ヒスイカズラの栽培上の問題点

Crassula ovataは南アフリカ原産の多肉植物で、一般的にはジェードプランツ、マネープラントと呼ばれています。 翡翠色の卵型の葉を持ち、ピンクや白の小さな花をつけます。 盆栽にすることもできますが、高さ5フィート(1.5m)までの小さな木や低木に育てることができます。 屋外では米国農務省の植物丈夫ゾーン10で育ちますが、冬の寒さが長引くと枯れてしまうので、それ以下のUSDAゾーンでは室内で育てるのがよいでしょう。

成長の問題点

鉢で育てたヒスイは根詰まりしてトップヘビーになり、簡単に転倒することがあります。 2~3年に一度、またはトップヘビーになったら春に植え替えましょう。 同じ大きさの鉢に植え替える場合は、根や茎を剪定して太い主幹を育てます。

日当たりと温度の問題

ジェイドプランツは半日陰でも育ちますが、花を咲かせるためには日当たりが必要です。 直射日光や熱に当てすぎると、葉が焦げてしまうことがあります。 ヒスイはガラス越しの日向に置かないでください。 暑すぎると、葉が落ちたり、茎が腐ったりすることがあります。 冬は冷たい窓ガラスに葉を触れさせず、すきま風から守ります。

クラッスラ・オバタ

の栽培の問題

水やり問題

ジェードプランツは乾燥に強く、湿った土に置いていると根腐れを起こすことがあります。 特に鉢植えで育てたヒスイは、この点が問題です。 春から夏にかけての生育が盛んな時期は、水やりを控えめにしましょう。 水やりの間に土が乾くようにします。 冬は水を与えないでください。 779>

害虫

ヒスイには、白い小さな綿毛のようなミーリーバグがよく感染します。 殺虫石鹸は植物を傷つけることがあるので、代わりにアルコールを浸した綿棒で拭き取ってください。

拡散の問題

Crassula ovataはカリフォルニアの有害雑草リストに載っていませんが、葉や茎が折れて成長すると簡単に拡散します。 Jade Plantは、暖かい湿地帯や海岸地域、南カリフォルニアの都市部近くの多くの渓谷に自生している。 屋外で栽培できるほど暖かい地域に住んでいる場合は、その拡散の可能性を確実に封じ込めるようにしましょう

Leave a Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。