ネッカー・キューブ

ネッカー・キューブ・アンビギュラス・フィギュアは、作者のルイ・アルベール・ネッカー(1786-1861)が、1832年にロンドンとエディンバラの哲学雑誌と科学雑誌に初めて発表したことから、その名が付けられた。

ネッカー・キューブ・アンビギュラス・フィギュアは、平面図形や立体物が2通り以上の鮮明に見える大きな種類の錯視に属す。

ネッカー・キューブが面白い理由の一つは、この図形を空間の向きが異なる2つの立方体のうちの1つとして見るのが最も自然ですが、単にページ上の2次元の図形として見ることも可能なことです。 つまり、ネッカーキューブは三者択一的な曖昧さを持っているのです。 このように2次元と3次元の両方に見えるということは、視覚経験が2次元と3次元のどちらの空間を表現しているかという議論につながる。 もし、2次元/3次元のゲシュタルト転換が、画像に関する信念の変化ではなく、視覚体験そのものの変化であるならば、視覚体験が3次元空間のものであることによって、最もよく説明されるであろう。

関連して、ネッカーキューブには、最初は2次元の図形のように見えますが、下の図のように3次元の立方体として見ることができる別バージョンがあります。 錯視を体験しているときの網膜像は一定であることは一般に合意されているが、視点の切り替えが行われたときに立方体の視覚体験が変わるのか、体験自体は変わらず、体験後の信念、判断、その他の精神過程が変化するのかについては合意が得られていない。 ネッカーキューブは、他の曖昧な図形の中でも、この問題をめぐる議論に引用されている(Silins 2015: §2.4)。

この問題は、心のモジュール性と認知の浸透に関するより一般的な問題と絡み合っている。 説明すると、心がモジュール化されているという仮説のもとでは、心のモジュールとは、特定の種類の入力を扱い、特定の種類の出力を与える、心の半独立した部門の一種であり、その内部動作は人の意識にはアクセスできない–人がアクセスできるのは関連出力だけである–ものである。 例えば、錯視の場合、錯視だとわかっていても錯視が続くのは、視覚系を構成するモジュールがある程度「認知的に不可解」だから、つまり、その内部の働きや出力が意識的に影響されないから、というのが標準的な説明である。 知覚モジュールがどの程度まで認知不可能であるかはまだ未解決の問題であり、この問題に答えるために曖昧な図形が議論に用いられている。 曖昧な図形が、視覚処理はかなりの程度不可解であるという主張を支持する一つの方法は、ゲシュタルトスイッチの制御が難しいということである。 マクファーソンは2012年の論文で、この現象とその意味について論じている。 さらに、少なくともいくつかの曖昧な図形については、ゲシュタルトスイッチが起こるときに脳の初期段階の視覚処理に大きな変化があるという神経科学からの証拠がある。これは、一般にゲシュタルトスイッチは、その経験についての信念などの下流の精神的プロセスではなく、経験自体の変化であるという仮説を支持するかもしれない(Kornmeier & Bach 2006, 2012を参照)。

最後に、経験の性質がその表象内容のみに訴えることで完全に説明できるかどうかについての議論では、曖昧な数字が引用されている。 哲学者や認知科学者の中には、経験の現象的特徴、すなわち意識的な主体がその経験を受けることがどのようなものか、ということと、その表象内容、すなわちその経験が何についてなのか、ということを区別する人もいる。 表象論者」と呼ばれる哲学者の中には、経験の現象的性格は経験の表象的内容の観点から完全に説明することができると主張する人がいる。 この主張の動機の一つは、表象内容を「自然化」すること、つまり、脳の状態のような物理的実体だけに訴えて、その性質を純粋に唯物論的に説明することが容易であると思われるからである。 一方、現象的な性質は、自然化の試みに対してより抵抗があるように思われる。 しかし、もし現象的性格が表象主義の用語で完全に説明できるのであれば、現象的性格の自然化はより扱いやすくなるように思われます。 そして、現象的性格が表象主義の用語で完全に説明できるかどうかについての議論では、曖昧な図形が重要な例として取り上げられている。 例えば、Macpherson(2006)は、ある曖昧な図形を体験したときに起こる現象的性格の変化は、自然主義的な表象論的用語では説明できないと主張している。 マクファーソンの2006年の論文は、一般的な議論とその多くの可動部分の概観を提供している

Leave a Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。