クッシング病馬のペルゴリドに対する長期反応

馬主は、多くの馬が年齢とともにクッシング病(下垂体中隔機能不全、PPID)を発症する事実を受け入れるようになった。 この複雑な内分泌機能障害の治療薬として、FDA承認の医薬品ペルゴライドが2011年から市販されています。 しかし、獣医師や研究者は、治療が進むにつれて薬の投与量を増やす必要があるのではないかという疑問を抱いています。 彼らはまた、ペルゴリドが生活の馬の質を向上させるか、あるいは延長するかどうか、時間とともに治療馬を監視する方法と一緒に疑問に思ってきました。

ハロルドショットII、DVM、博士、Dipl。 ACVIM、獣医のミシガン州立大学の大学の大動物臨床科学の教授は、12月に開催され、馬の診療所の2014年米国協会大会でこれらの懸念に話を聞いた。

2009年以来、彼とミシガン州立大学の他の研究者は、ペルゴリド治療に入る前にPPIDの陽性と確認された30頭の馬を評価しました。

30頭のうち、14頭は安楽死させ、2013年(研究開始から5年半)までに4頭が死亡しました。 4年半の時点で18頭の試験馬が残り、そのうち12頭は定期的な投与で順調で、馬主も満足していた。 5年半後には、12頭だけが試験に残った。 内分泌血液検査では、ほとんどの馬でPPIDがうまくコントロールされていることがわかりました。

Schott は、これらの高齢馬に観察された最も一般的な医学的問題は、疝痛と下痢、および蹄葉炎の断続的な再発であったと述べています。 死亡や安楽死の原因は、PPIDを発症していない高齢馬と同様であった。 また、ペルゴリドの投与開始時に最も多く報告された副作用は食欲減退でしたが、長期投与時には軽微な問題にとどまりました。 Schottは、馬の臨床的スコア(体の状態、ホルモンや血液の化学的状態)と蹄葉炎の発症との間に有意な差がないことを説明しました。 頚部の瘤、体重の減少、血糖値やトリグリセリド濃度の上昇(クッシング病の兆候)、ACTH濃度の上昇(罹患馬では中膜のホルモン分泌が多い)などは、馬が生存できるかどうかに有意な差はないとのことです。

「管理および治療へのアプローチはケースバイケースで行うべきであり、馬の状態が悪化しない限り、毎年(春に)身体検査および内分泌検査によってモニターすべきである」とSchott氏は強調した。

この研究の研究者は、オーナーおよび獣医師がペルゴリドの投与量を徐々に増やすことなく長期にわたってPPIDを管理できることを示しており、研究の50%の馬は標準の2 μg/kg投与より増やす必要がなかったと述べている。 しかし、Schottは、内分泌系が秋に敏感であるため、馬によっては季節的な増量が必要かもしれないと示唆しました。 Schottは、ペルゴリドが馬のQOLを向上させるという証拠はあるが、延命効果があるという証拠はないと述べた

Leave a Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。