いつも間違ったことを言う

まただ、いつも間違ったことを言う。

言わない方がよかったかも。 それとも言うべきだったか? いや、間違いなく黙っているべきだったが、もう遅すぎるし、別の穴から自分を掘り起こすことになるんだ。

WhatsApp グループでの会話は弾み、仕事仲間はジョークを飛ばし、初めてのデートもスムーズにいき、仕事の打ち合わせもうまくいっていたのに、あることを口にしたら、その苦労が水の泡になってしまった。

また別の穴から這い上がろう。

こんなことがよくあるのか?

どんなに頑張っても、いつも間違ったことを言うようだ。

もしかしたら、自分の冗談が面白くないのに面白いと思っているのか……それとも、あなたが本当は非常に気が利くことを人々が理解していないだけなのだろうか? 他人が同調する気にならないことの方が多い。

いずれ分かるようになる。

どうしても言いたくて言ってしまうことが多い。

自分はかなり前向きな方だと思います。

私が何かを言うときは、スキップしたり横取りしたりしたくないからです。

要点をはっきりさせる。

世の中の全員がそれを評価しているわけではないことに気付いた。

そして、それに伴う不安。

「まずい、今どう思われているんだろう」「取り消して謝ったら、考えすぎで余計に悪くなるんじゃないか」と考えたことはありませんか?「

あるいは会議で、うまくいかなかったと思うようなことを言ったとしましょう。 何も心配する必要はない。 俺はこれを手に入れたんだ。 もう4分の1は穴を掘って進行を妨げ、「本当の問題」の真相を突き止めるためにマネージャーとミーティングをする。

しかし、あなたがそれを楽しんでくれてうれしい。 というのは冗談で 私は、その場が誰かの行動を求めていると感じれば、いつでもものを言うよ。

言葉が文脈から切り離された場合はどうですか?

あなたが何かを言った理由を弁護しようとするほど、悪いことはありません。

デートで、ああ、これだ…

私は時々、ある項目について早く打ち明けすぎて、それがしばしば人々との契約違反になるのだと思います。

私は、ある事柄をあまりに早く打ち明けすぎてしまうことがありますが、それは完全に、その瞬間に心地よさと自信を感じているからです。

話すことへの恐怖を克服する

おそらく、私はこのブログ全体を書いたり、このサイトを開始すべきではないでしょう、私が言ったすべてが簡単に間違った方向に取られる可能性があります。 うまくいかなかったとしても、少なくともそれは別の学習経験なのでは?

感情を溜め込むとろくなことがないことがわかりました? 信頼できる人を見つけて、健康的な方法で会話したり、話し合ったりして発散できることは、文字通り、人生を変えることになるとわかりました。

トーストマスターズにいつか投資するのもいいかもしれませんね! 私はこれをやったことがありませんが、他の人がやっているのを見たことがありますし、それは素晴らしいことでした。

私が個人的に取り組んでいるのは、自分の内なる感情をぶちまける前に、もう少し他の人の考えを取り入れるのを待つことです。 そうだろうか?

Leave a Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。